Visits

Online: 1
Today: 643
Week: 2780
Overall: 3379175

Flag counter

free counters

カザン聖堂

セント・ペテルスブルグの目抜き通り、ネフスキー大通りに面している、カザン聖堂。

聖堂の両側に延びる回廊が特徴的な、美しい建物です。1801年に始まった建設は、祖国戦争により中断され、1811年に完成。祖国戦争により、ナポレオン軍を撃退した将軍がここに埋葬されているそうです。
現在は、ロシア正教会の中心となっています。

聖堂の上の十字架は、ここでは2重の十字架。

下の十字架は、水平ではなく、少し斜めになっています。ロシア正教では、こんな意味があるのだそう。

ある2人の罪人が、死刑を言い渡されました。そのうちの一人は、神を信じ、神に自分の罪の許しを乞いました。もう片方は、神を信じることはありませんでした。そこで、神はその二人を(水平ではない)十字架に架けましたが、神を信じる罪人は高い方へ、信じない罪人は低い方へ。その結果、低い方へ架けられた罪人は地獄へ落ちてゆきましたが、高い方へ架けられた罪びとは落ちることなく留まったというお話。

 

カザフ聖堂の周辺には、素敵なレストランもあります。そのご紹介は次に。

6 comments to カザン聖堂

  • ガムラ スタン

    おはようございます。
    ロシア正教の斜めの十字架のお話、面白いですね。
    神を信じた罪人が、留まった というところからも
    ますます 信心しなければ っていう気にさせられます(笑)

    近日 天国 地獄の話になりまして、

    とある 奥様が
    「イケメン地獄と、醜男パラダイスと、どちらを選びますか?」
    って(笑)

    先生は どちらがお好みでしょうか?

    • ガムラ スタンさん。確かに、「落ちたくない!」って思いますね。

      ご質問ですが、迷いなく、「醜男パラダイス」を選びます!イケメンって、それだけだと、美女と同じで、美しいことが鼻についてくると思います。犬も、ブルドックなどが好きです。

  • ロシアに行かれていたのですね。私の両親が、今月はじめから、ロシアに旅行して、一昨日日本に帰国しました。建物とかはいろいろすばらしいが、セキュリティーが厳しかったり、トイレとか古かったり、まだまだ社会主義国の時代を感じる場面があったといってました。

    • ヒマワリさん。ご両親がおっしゃるとおりです。ロシアはまだまだですね。それなのに、桁違いな富豪がいたりと、とてもアンバランスで不健康な印象です。

  • おかん

    おひさしぶりです!ロシアと聞いて懐かしくなってしまいました。
    このカザン聖堂の向かい側にある、Dom knigiという本屋さんにあるカフェが、私にとっての贅沢でした~。
    友人に聞いたのですが、カザン聖堂はソ連時代、無神論博物館だったそうです。
    ソ連崩壊後もしばらくは半分、博物館として使われていたとか。教会と無神論博物館が、一時的にであれ、共存していたというのはスゴイですよね f^^;

    私の留学中は、Terrassaみたいなおしゃれなレストランはありませんでした…(HPを見たら2007年オープンみたいですね)。ぺテルも変わりつつあるんですね。

    • おかんさんが反応してくれるのではないかなーと楽しみにしていました。現地の人は「ぺテル」って呼ぶのですよね。おかんさんはぺテルに留学だったのでしょうか。

      無神論博物館ですか。すごいですね。血の上の救世主教会は、ソ連時代、「倉庫」だたようですね。ひどすぎますね。

      おそらく、またぺテルに行く機会があると思うので、そうしたら、お勧めのカフェに行ってみます。他に現地人しかしらないおすすめがあったら、是非教えてください!

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>