Visits

Online: 1
Today: 581
Week: 6408
Overall: 2855984

Flag counter

free counters

ヒジャブ着用で不採用

SASの所謂、グランドホステス、という職種でしょうか。この職種に応募した23歳のモスリムの女性が、職場でもヒジャブを着用すると意思表明したことで不採用になったと云う記事(DNAftonbladet)。

 

スウェーデンに移住して10年。街だけでなく職場でも、看護師さんや患者さんなど多くのモスリムの方を見てきました。当初は特に考えることもなかったのですが、アメリカだけでなくEU、そしてスウェーデンでもモスリムの関係する事件が増え、様々な議論を耳にするにつれ、自分自身もいろいろと考えを巡らせるようになりました。以前の記事で、とても優秀な同僚が、「一部の悪いモスリムのために、モスリム全体に対する風当たりが強くなる」という発言をしたことに触れた記憶がありますが、確かにその通りなのです。外来でも様々なモスリムの患者さんに会いますが、スウェーデン社会に融合してスウェーデン語を話し、職を持っている方も多いです。一方、スウェーデンのパーソナルナンバーを持ち、何年経ってもスウェーデン語さえ話すことができず、税金で通訳を雇って受診する方も多いのも事実です。大きな声では言えませんが、無職で次々と出産し、子供手当で生きている中年の女性、働けそうなのに、何故か病気のための早期退職制度で年金?というより生活保護生活をしている人、外来や検査をすっぽかす人、、、。スウェーデンの社会福祉の中で問題となる方が多く存在します。そういう人達に会うたびに、この人達の生活を、一般市民の税金で支えているだけでなく、無断キャンセルとなった外来や検査は、他の一般市民が受けられたはずのものであるという、なんともやるせない気持ちになってしまいます。勿論、大局的に考えれば、そういった移民や難民をスウェーデン社会に融合させることに失敗している国の政策に原因があるとも言えるのですが、、、。

大分、脱線しましたが、SASで問題となったヒジャブの話に戻ります。ヒジャブは頭に被るベールのようなもので、アラビア語では貞淑、道徳といった意味もあるように、イスラム教では、

SASの所謂、グランドホステス、という職種でしょうか。この職種に応募した23歳のモスリムの女性が、職場でもヒジャブを着用すると意思表明したことで不採用になったと云う記事(DNAftonbladet)。

スウェーデンに移住して10年。街だけでなく職場でも、看護師さんや患者さんなど多くのモスリムの方を見てきました。当初は特に考えることもなかったのですが、アメリカだけでなくEU、そしてスウェーデンでもモスリムの関係する事件が増え、様々な議論を耳にするにつれ、自分自身もいろいろと考えを巡らせるようになりました。以前の記事で、とても優秀な同僚が、「一部の悪いモスリムのために、モスリム全体に対する風当たりが強くなる」という発言をしたことに触れた記憶がありますが、確かにその通りなのです。外来でも様々なモスリムの患者さんに会いますが、スウェーデン社会に融合してスウェーデン語を話し、職を持っている方も多いです。一方、スウェーデンのパーソナルナンバーを持ち、何年経ってもスウェーデン語さえ話すことができず、税金で通訳を雇って受診する方も多いのも事実です。大きな声では言えませんが、無職で次々と出産し、子供手当で生きている中年の女性、働けそうなのに、何故か病気のための早期退職制度で年金?というより生活保護生活をしている人、外来や検査をすっぽかす人、、、。スウェーデンの社会福祉の中で問題となる方が多く存在します。そういう人達に会うたびに、この人達の生活を、一般市民の税金で支えているだけでなく、外来の無断キャンセルが出るたびに、一般市民の受けられるはずだった医療サービスなのに、と複雑な気持ちになります。勿論、大局的に考えれば、移民、難民をスウェーデン社会に適応させることに失敗している国の政策に問題があるとも言えるのですが、、、。

 

大分脱線してしまいましたが、SASで問題となったヒジャブの件です。SASでは、欧州司法裁判所の最近の判断もあり、今後の採用に関して、「職場では宗教、政治、哲学に関して中立である服装」という立場をとるということです。

これがニュースとなった女性です。

ブルカやニカブは以前から抵抗がありました。患者さんとしてきた時も、顔が良く見えないと医学的に困ることもあります。

ヒジャブに関しては、以前はあまり気にならなかったのですが、スウェーデンで色々と経験するうちに、とても気になるようになってきました。スウェーデンでも、モスリムの女性が男性の所属物のように扱われる事件、そして臨床の場でそれらを見かけると、これらの被り物が、文化としては受け入れることができない範疇のものとして思えるようになりました。結婚前に男性と関係を持った女性が家族により殺されたり、女性に対しても所謂、割礼が行われ、性器に損傷が見られる患者さん、あるいは、大陰唇を縫い合わされている女性、、、、。前出の優秀な同僚でさえ、息子はモスリムの女性と結婚させると言い切っています。

 

今日、子供たちのお友達の誕生日パーテイーで、屋内遊園地のようなところへ行きましたが、そこでも、小学生くらいの女の子たちがヒジャブを被っているのを見て、とても気分が悪くなりました。

自分自身で宗教や文化も理解できない年頃から、男性に従属するという象徴とも取れるヒジャブを被らされる、、、。

 

非モスリムの人間が、モスリムの国を訪れたのであれば、その国へのリスペクトを表現する意味でヒジャブを被るのは理解できます。しかし、非モスリムの国に、モスリムである人間が住むのであれば、ヒジャブを被ることはリスペクトに欠けるとも言えると思います。殊に、男女平等を重んじる国においては。

「郷に入れば郷に従え」、「Do as Romans do」というのは、万国共通だと思うのですが。

 

しかしながら、欧米の複数の首長やファーストレディーは被り物なしでサウジアラビアを公式訪問していますね。やはり、男女不平等に対するプロテストなのではないでしょうか。

おまけ:

若い世代の医師達には、モスリムのバックグラウンドを持つ人も多く、なぜか女医さんが研修医、あるいは研修医のポジションを得る前のアルバイトとして私の科にやってくることが良くあります。親の代で難民としてやってきてスウェーデンで生まれた人、幼少の頃に難民としてやってきた人などいろいろですが、もの凄く優秀です。日本の研修医は逆立ちしてもかなわないくらい。そしてなぜか彼女たちはヒジャブを被っていませんねー。偶然だとは思いますが、医師でヒジャブをつけている人をまだ見たことはありません。

2 comments to ヒジャブ着用で不採用

  • Yuka

    私もスウェーデンに来てから日本ではほとんど見かけないヒジャブが日常風景の一部になりました。宗教による文化の違いなどはインターネットにより少しは知っていたのですが、「人間は基本的に良い人が多い」と信じていた私は最初は何とも思いませんでした。スウェーデンに住んで1年目は移民の十代の子供たちと仕事を通じて過ごし、スウェーデン語を学ぶためにクラスメイトととしてほぼ毎日机を合わせて3年目、だんだん文化の影響による基本的な世界観の違いを感じるようになりました。この文化の男性たちは女性を軽蔑視していると感じます。日本にいる時でさえ痛感していた事ですが、日本にいた時より強く感じるので、腹の中ではよっぼど軽蔑しているのだろうと思います。今ではそこの文化出身の男性っぽいっていうだけで身構えてしまいます。背景の違う人たちを同じ社会に融合する難しさを感じています。基本気にしないようにしていますが、それでもよく悶々としてしまいます。たまに良い人と思える人がいるのが救いです。ノーベル賞を受賞した十代の女の子がいたり、モスリムの女医さんが頑張っていると今拝読して敵視しないように頑張ります。ありがとうございました!

    • Yukiさん。コメントをありがとうございました。私も同じような感じでした!そして、自分自身も移民であるのに、イスラム教という宗教をバックグラウンドとして持つ移民のグループに敏感に反応し始めてしまっていました。しかし、おっしゃるように、良い方もいらっしゃいますよね。生活の中で、時々カチンカチンときてしまうのですが、できるだけ良い面を見て行きたいなあと思っています。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>