Visits

Online: 1
Today: 51
Week: 605
Overall: 2943806

Flag counter

free counters

徒然なるままにと言ってみたい

毎日毎日、やらなければいけないことが多すぎて、やりたいことはできないままに時が過ぎていきます。

日本の職場と違って、出勤すると、その日の仕事プラス貯まっている仕事を、可能な限りのスピードでこなして、できるだけ早く家に帰るようにしています。これは、同僚のすべてがやっていること。日本では、仕事がなくても上司がいれば帰れないですし、受け持ち患者さんの容態が安定しなければ、当直に任せて帰るということもできません。その点でスウェーデンの勤務体制ははっきりとしていて、プライベートとの区別をつけやすいのです。

勿論、手術日であれば、一部のマッチョ外科医とは異なり、手術時間で競争するような考えはないため、「早く終わらせる」ために手術をすることはありません。受け持つ手術のほとんどが既に慣れたものであるため、それでも予定終了時間から大幅に延長したりすることはほとんどありませんが。しかし、手術とはまさに芸術で、登りつめられる頂点というものはないように感じています。ことに、私が担当する、癌治療と機能温存のバランスを保つことを考えるような手術ではそう。如何に癌を切除し、機能も温存するか。ミクロの単位での切除ラインの調節を症例に合わせて決定することも必要です。

最近、前立腺癌の患者さんの術後で、「腫瘍マーカー検出不能」、「切除断端陰性」だけでなく、「勃起および性交可能」で「尿失禁ゼロ」という方が増えてきて、嬉しい限り。以前は、「尿失禁」はなくとも、「勃起」に関しては成績が芳しくなかったのですが(これは、私自身あまり重きを置いていなかったのと、温存して切除断端が陽性になることを恐れていたということがあります)、機能温存の領域はまさに芸術の域に入ってくると思っています。

前立腺癌の患者さんは、比較的若くて、それまで健康だったという方が多いため、非常に喜んでもらうことがしばしばです。これまで、スウェーデン人は勿論のこと、世界各地からやってきている移民の患者さんの手術を担当してきましたが、数多くのハグをもらいました。中には涙を流してくれた人もいました。

外科医は神ではありませんので、不幸にも良い結果が得られないことがあります。そのたびに私はかなり落ち込むのですが、同僚の外科医を見ていると、腕の良い外科医になるためには、不幸な結果を踏み台にしていかなければいけないようで、この部分は何年外科医をやっていても、私には最も大きな課題であるように感じています。

課題といえば、有能なスポーツ選手が有能なコーチである訳ではないのと同じように、メスの切れる外科医が上手に後輩を指導できるかといえばそうではありません。後輩の能力を見極めた上で、どこまで辛抱できるかということは大事ですが、センスで手術ができる人は、それをうまく説明できないため後輩には伝わらないということがあります。私の最初のオペの師匠は、一つ一つの操作には理由があるんだということを叩き込んでくれましたが、それが私が後輩を指導するようになった今も生きています。これまでの外科医の修行は子育てにも見事に生きていて、辛抱、辛抱、また辛抱、決して声を荒げることなく、折り合わない場合でも、最終的には、「ママが決める」ということを納得させる。子供達は、「Det är mamma som bestämmer. (It is mammy who decides.)」と言ってくれ、私はシメシメとほくそ笑むのでした。

拙文のつぶやきにお付き合いいただき、ありがとうございました。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>