Visits

Online: 1
Today: 829
Week: 3046
Overall: 2825127

Flag counter

free counters

毎日ヘトヘト

ロボット前立腺全摘の術者を独立してするようになって1年以上が経ちました。1年間の執刀数は約100件程度。カロリンスカではこれが普通の数ですが、日本では一施設で100例ある施設はほとんどないと思われます。したがって、これだけの数を執刀する医師もいない訳ですが、少ない症例数で到達できる手術のレベルは限られるため、症例が分散してしまう日本のシステムは問題があるなと感じます。

 

日本と異なり、予定時間を超過してしまう手術になると、2例目、3例目がキャンセルされることも多々あるため、手術にはスピードも求められます。また、常に慣れた助手がつくとは限らず、慣れていない助手があたると、あっという間に30分、1時間近くの手術時間のロスがでることもあります。最近、新人が助手についたとき(もちろん、慣れた助手がもう一人監督としてついているのですが)、心臓が止まりそうになったことがありました。腹腔鏡用の器械を間違ったアングルで挿入したため、リンパ節郭清をした、腸骨動静脈の背側につっこんで、私が知らないあいだに動静脈を持ち上げていたのです。幸い血管は無事でしたが、もし血管を損傷したら直ちに開腹して止血しつつ血管外科を呼ぶ事態にもなりかねず、最悪、損傷側の足を失うなどということにも、、、。ロボット手術においては、術者は患者さんから離れたコンソールに座っているため、患者さん近辺のことは全く見えません。開腹手術でしたら、助手が失態をおかしそうであればすぐに対応できるのですが、、、。今回はロボット手術における怖さを感じました。

 

こんなことがあると、手術が終了すると、通常以上に疲労を感じます。すでに熟練した術者の仲間入りをしたために、割り当てられる症例も難しいものが増え、1日2例執刀しただけでも十分な疲労感。しかし、帰宅して少しゆっくりしたくても日々活動的になっている双子の世話が待っています。食事の支度、掃除、洗濯、お風呂、明日の準備、本を読んで寝かしつけるまで、休む暇もありません。これにオンコールが当たって、緊急手術に呼ばれたりすると、本当に悲惨。

 

今週は、昨年、カロリンスカでロボット前立腺全摘が602例、膀胱全摘が98例施行され、これまでの最多を記録、また、ヨーロッパではいずれの手術も最多、全世界でも膀胱全摘においてはトップレベルの症例数ということを祝うミニカンファレンスとパーテイーがありました。その中で、私は、スウェーデンでは初めての女性ロボット外科医であるという紹介を受けたことは、大変光栄でした。後輩の女医さんたちがやってきて、「これからも頑張って、私たちのお手本であってください。」と言ってくれましたが、何だか妙な気持ちでした。最も競争の激しい大手術の分野で、スウェーデン人の女医さんたちも近寄らないところに私などが無謀にも参戦しているのですが、やはり、若い女医さんたちもあとに続きたいという気持ちはあるようです。

 

パーテイーは夕方から始まりましたが、食事が終わると生DJ付きのダンスタイムがあって、夜が更けるまで続きました。私は勿論途中で退散しましたが。ママっ子の娘は、「ママ、ママ」と泣きじゃくってなかなかなか寝付かなかったようですが、私が帰宅したときには、スヤスヤと安らかな寝息をたてていてホッとしました。本来ならば、週末はしっかり休養して新しい週に備えるところでしょうけれど、週末は子育てにさらにエネルギーを奪われ、月曜日に保育園に双子を送り込むと、ホッと肩から力が抜けて仕事に出かけるという、そんな生活です。スウェーデン語には、「gillar läget」((良くも悪くも)おかれた状況を好きになる)という表現がありますが、まさにそれを唱えながら、忍耐の日々です。

10 comments to 毎日ヘトヘト

  • memeko

    いやはやハードな毎日ですね...。本当にお疲れ様です。

  • ハードな毎日ですね。
    私もスウェーデンの看護師免許への更新のため、実習に出ているのですが(+片道40分の車通勤、夜勤もあり)、突然消えてしまった母に娘が反応したり、毎日がギリギリという感じがします。旦那も突然育児や家事の割当が増え、お疲れ気味・・

    ですが私なんかよりもっと責任の重い立場でバリバリお仕事をこなされている先生のブログを読むと脱帽です。(さらに双子ですし)
    これからも、女医さんたちだけでなく在スウェーデン日本人母たちのお手本になってください。

    • ぶくさん。車通勤に夜勤、大変ですね。私は夜勤務することはあまりないので、その点は助かっています。毎日がギリギリというのは良くわかります。夫婦の間の思いやりを忘れがちになるので、気をつけなければと思っています。

      お手本になるかどうかわかりませんが、先輩たちが築いてくれた日本人の良きイメージを傷つけることのないように、頑張りたいと思います。

      ぶくさんも頑張ってくださいね!

  • ぽんた

    初めてコメントさせていただきます!
    ときどきブログを拝見しております。

    こんなに海外で頑張っておられる人がいらっしゃるんですね!
    いつもパワーをいただきます。
    双子ちゃんも大きくなりましたね♪

    • ぽんたさん。はじめまして!お返事が遅くなりまして、申し訳ございません。

      生きてゆくためには頑張るしかないので頑張っているだけなのですが、パワーを差し上げることができているなんて嬉しいです。
      双子も大きくなりました。

  • ガムラおばさん

    お疲れ様です!

    先生からパワーをいただいてますきら

  • Nao

    コメントの内容がDrpionさんの記事とは全く関係ないものなので、どこにコメントを残そうか、はたまたコメント自体残そうか、迷ったのですが、同じロイヤルウォッチャーとしてやはり先生のところに!とコメント書かせていただきます。

    昨日のカール・フリップさんの結婚式、ドイツでも生中継されました。素敵な式でしたね。カール・フリップさんの嬉しさが溢れ出て、とても優しい雰囲気に包まれていた気がします。また選曲も斬新で、花嫁のドレスも背中のタトゥーを出すものという、新しい時代を象徴する出来事という印象を受けました。ドイツではソフィアさんが「私の過去は変えることはできないし、後悔もしていない」とおっしゃったというような報道がされていましたが、さっぱりした性格で素敵!マデレーンさんの時には、いろいろネガティブな報道がありましたが、今回はどうでしたか?ドイツではカール・フリップさんを絶賛しており、彼は非の付け所がない優等生などと言われていました。実際受けた印象も報道の通り、子供のようにウキウキしたカール・フリップさんの表情が印象的な、優しい気持ちが残る素敵な結婚式。落ち込んでいた気持ちもすっかり癒されてしまいました。

    • Naoさん、落ち込んでいらっしゃったのですか?大丈夫ですか?

      カールフィリップ王子が優等生ですか?スウェーデンでは、国民の支持はビクトリアとダニエルに集まっており、他の王室メンバーの人気は全くありません。ソフィアに関しても、いろいろと言われています。昨日の彼女はそれでもとても美しかったですね。複数あったタトウ〜のいくつかを手術で消したことを考えると、過去を後悔していないというのは本当ではないと思います。首にあるものは、やはり傷になることを考えて手術しなかったのでしょう。去年のノーベル賞では、素敵なドレスで完璧に隠していたことを考えると、何か意図があると読めますが、賛否両論があるのは当然だと思います。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>