Visits

Online: 1
Today: 278
Week: 278
Overall: 4795123

Flag counter

free counters

職場復帰

10月から職場復帰をしています。最初は25%くらいを目安にしていますが、復帰初日は早速手術日。軽い体慣らしなら良いなと思っていたところ、そんな甘い期待は見事に打ち砕かれてしまいました。

婦人科の患者さんで、膀胱、尿道、子宮、卵巣、膣全摘という大手術。しかも再手術症例。婦人科の先生は、大きな手術には慣れていないので、ほとんど私が術者という状況。日本だと自分の科の若い先生を助手に連れてゆくのですが、こちらでは1人で参加しなければなりませんので、知らない先生方を相手にする手術になります。結局、休みなしで7時間の手術になりましたが、うまく手術でき満足。術後、婦人科病棟に回診にゆくと、患者さんから、「泌尿器科の先生の手術がとても上手だった。」と婦人科の先生から説明があったと聞きました。そんなフィードバックは、何よりも嬉しいものです。

膀胱全摘は、切除するだけでなく、機能再建がある手術ですので、切除したら終わりという婦人科の手術とは大きく異なります。切除のうまい下手は、癌の予後にかかわりますが、患者さんには、上手な手術だったかどうかはわかりません。しかし、機能にかかわる手術は、QOLにかかわりますので、患者さんにもすぐわかってしまいます。そういう意味で、癌の手術とは別の意味で難しくもあります。整形外科なら、動くか動かないか、眼科なら見えるか見えないか、、、。今回は、尿道を切除しなければならなかったため、自排尿型膀胱ではありませんが、ストーマが美しく、患者さんが管理がしやすいか、回腸導管と尿管の吻合が漏れなく狭窄もないこと、そして勿論、回腸導管を採取したあとの、腸管吻合に問題がないことが重要。長期的にはまだわかりませんが、おそらくうまくいくと思います。自分の患者さんではない分、よりプレッシャーを感じてしまいますが、数ヶ月のブランクは感じず、良いスタートが切れました。

同僚や看護師さんたちには、スウェーデンの常識から外れた早い復帰に、「もう来たの?こんなに早く復帰したら駄目じゃない!」と、お叱りを受けましたが、双子を母乳で育てることは難しかったこと、そして、何よりも、「パパも育休取りたいのですって。」という一言で、皆(殊に女性陣は)、一転、笑顔になりました。

「それはいいことね!」

男女平等のスウェーデンといえども、やはり、女性の方が長く育休を取るのが通常ですので、早期からのパパの育休は女性には心象が良いようです。

出産後、ポンプによる搾乳、マッサージ、そして最後には、オキシトシンスプレーも使って、2ヶ月ほど授乳を頑張りましたが、母乳の出はあまり良くなく、しかも、双子ということで非常に辛い毎日でした。胃管が入ったまま退院してきた双子は、成長とともに胃管を嫌がって抜こうとし、早く取ってあげるためには、哺乳瓶を使い始めなければならず、そうすれば、出の悪いおっぱいには興味を失うということで、哺乳瓶を始めるのを控えていたのです。しかし、最終的に、母乳を優先させるよりも、胃管を取ることを優先させようと決断しました。「おっぱいをあげる」ということを初めて経験して、女性として、母親としての喜びを強く感じていた私にとっては、それはとても辛い決断でした。できれば、母乳で育てたかった。そんなこともあって、未だにマッサージ、搾乳を止められない私です。双子は生まれてしばらく、「寄付された母乳」を頂いていましたが、病院では、1リットル100クローネで寄付を受け付けていました。寄付するほど母乳が出るなんて、うらやましい、、、。

 

職場復帰して、多くの患者さんに喜んでもらっていることは、医者冥利に尽きますが、母親となって初めて出勤した日の朝、双子をおいて出かけることの辛かったこと。その日は幸い(!?)長い手術だったため、勤務中に双子を思い出す余裕はなかったのですが、手術が終わるやいなや、看護師さんに、「走れ~!」と言われながら、急いで帰宅しました。こんな感情は生まれて初めてでした。良き医師、良き母親の両立は大変だと思いますが、時間を上手に使って頑張りたいと思います。

 

4 comments to 職場復帰

  • スウェーデンでは母乳を寄付できるんですね!
    日本にあるのかどうかは知りません。私は聞いたことがありません。
    私は(2児の母です)母乳の出が良すぎて、「おっばいをあげるのを控えて下さい」と言われたほどでした。断乳の時に搾乳してみたら「私は牛か?」というほどの量でした。ボールに搾乳していました。これを母乳が欲しい赤ちゃんに提供できたらどれほど良いだろうと思いながら乳搾りをしていました。スウェーデンのようなシステムが日本にも出来たら(もしもあるならば普及したら)いいのになと思います。
    育児とお仕事の両立は大変だと思いますが、健康第一で頑張って下さい。陰ながら応援しています。 

    • よしこんさん!おっぱいが出過ぎるなんて、うらやましすぎます!!!日本には母乳の寄付システムはないのですか?NICUに入院する赤ちゃんたちの中では、かなり健康だった双子たちは、最初の数日は寄付された母乳を頂き、その後は母乳が足りないため、より重症の赤ちゃん優先になったため、粉ミルクになりました。そんな対応も素晴らしいなと思いましたね。暖かいメッセージ、ありがとうございます!

  • ガムラ スタン

    本当、パワフル!
    見習わなければ!

    どうぞ、お身体、お気をつけて( ^ ^ )/
    更新、待ち遠しいです。

    • ガムラ スタンさん。職場に復帰すると、良い意味で、家でも職場でも効率が上がるような気がします。

      ありがとうございます。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  


Warning: mysql_query() [function.mysql-query]: No such file or directory in /var/www/drpion.se/public_html/alltidleende/wp-content/plugins/quickstats/quickstats.php on line 345

Warning: mysql_query() [function.mysql-query]: A link to the server could not be established in /var/www/drpion.se/public_html/alltidleende/wp-content/plugins/quickstats/quickstats.php on line 345

Warning: mysql_query() [function.mysql-query]: No such file or directory in /var/www/drpion.se/public_html/alltidleende/wp-content/plugins/quickstats/quickstats.php on line 346

Warning: mysql_query() [function.mysql-query]: A link to the server could not be established in /var/www/drpion.se/public_html/alltidleende/wp-content/plugins/quickstats/quickstats.php on line 346

Warning: mysql_fetch_row() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /var/www/drpion.se/public_html/alltidleende/wp-content/plugins/quickstats/quickstats.php on line 346