Visits

Online: 1
Today: 183
Week: 2136
Overall: 3487356

Flag counter

free counters

Madame Curie(キュリー夫人)のノーベル化学賞から100周年

世界で最も美しいとも言われるスウェーデン国王の次女、Madeleine王女は、昨年婚約破棄をして以来(記事)、傷心を癒す目的もあって、ニューヨークに居を移しています。最近では、新しいボーイフレンドも出来たようで、ニューヨークでショッピングをしたり、カフェでタバコをふかしながらお茶をする姿も報道されています。ニューヨーク生活が合っているのか、国王一家が関る行事の前になると、Madeleineが帰国するのかどうかが取り沙汰されますが、今年のノーベル賞関連行事は欠席するということでした。

 

その代わりに、Madame Curieの二つ目のノーベル賞100周年を記念しての行事がニューヨークで行われ、それに出席することになったようです。Madame Curieは女性で初めてのノーベル賞受賞者。1903年に夫のPierre Curieと共に物理学賞を受賞、その数年後に、Pierreは荷馬車に轢かれて死亡。夫を亡くしても彼女の研究に対する情熱は消えることなく、「ラジウムとポロニウムの発見」により、1911年に化学賞を受賞します。radioactivity(放射能)は彼女の作った言葉だそうですが、当時は、放射線の効用だけで、副作用については知られておらず、放射線障害によると考えられる再生不良性貧血で命を落とします。研究者とは何か、全く知らなかった子供の頃、彼女の伝記を夢中になって何度も読みました。Madame Curieが夫のPierreと一緒に初めて見た、純粋ラジウム塩の青い光。彼女は「妖精のような光」と形容したそうですが、この場面には鼓動が高まったことを良く覚えています。

 

そんなMadame Curieのノーベル化学賞から100年ということで、若い女性研究者などのための会が12月10日ニューヨークで行われ、Madeleine王女が出席したそうです。彼氏がいるニューヨークからスウェーデンへ帰りたくない彼女には丁度良かったかもしれません。

 

2 comments to Madame Curie(キュリー夫人)のノーベル化学賞から100周年

  • M

    こんにちは。先生の記事、いつもコメントしたくなるお話ばかりで度々おじゃまさせていただいております。
    私も子供の頃、キュリー夫人の伝記を夢中で読みました。決して立派ではない実験室、天秤を使って真剣に実験している場面が強く印象に残っているのですが、ノーベル賞博物館で思いがけずその天秤を間近に見ることが出来、感激しました。今開催されているキュリー夫人の特別展にも、足を運びたいと思っています。

    • Mさん。特別展をやっているとは知りませんでした!情報、有難うございます!
      100周年にあたる年に、原発問題が起こったのは、何とも皮肉に感じられますね。
      子供の頃のどきどきを思い出すためにも、私も特別展に行ってみたいと思います!

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>