Visits

Online: 1
Today: 668
Week: 1308
Overall: 3110756

Flag counter

free counters

夏の風物詩

今年の5月は記録的な暑さが続いているスウェーデンです。病院の庭でもランチ時になると、医療従事者が屋外でのランチを楽しみます。小さな噴水や彫刻などもあって、私も好きな庭です。

 


 

NKS (New Karolinska Universitetssjukhuset) 新カロリンスカ大学病院、外から

1ヶ月ほど前、夜の9時近くに緊急手術で呼ばれた時、車の中からの写真。オープンしたてのメインビルデイング(A棟)です。9時近いというのに、すでにこれだけ明るい。夜中にオペが終わった時は、流石に暗くなっていましたが。

このA棟に我々の外来もあります。A棟はSolnavägenに面していて、向かい側はカロリンスカ研究所。鏡で覆われた奇妙な建物はAula Medicaと呼ばれているメインのビルです。その向こうに最近完成したのが、数千人の研究者が働く研究棟、Biomedicumです。


このビルと病院サイドの研究棟がスカイウエイでSolnavägenを越えてつながっています。

新病院と旧病院の間には複数のスカイウエイがあり、ちょっとした未来都市。地震大国日本では考えられないことです。

子供病院も一角にありますが、病棟の外にはこのような遊び場が用意されています。

 

正面玄関の横には、ストックホルムでは有名な老舗のベーカリー、Vete-Kattenが店を構えました。

これからは、病院でも美味しいケーキやサンドイッチが食べられるかもしれないと思うと、かなり嬉しいです!

子供の成長

日々の生活の中で、子供たちの成長を感じる瞬間が多々あります。毎日忙しくしているため、そのほとんどを忘れ去ってしまいがち。本当はその都度、記録しておけば良いのになあと思うのですが、なかなか難しい。

 

今日は、ちょっと感激した息子の成長について。親バカですのでご容赦を。

保育園に登園するのはいつも朝早いため、うちの子供達以外にはほとんど子供がいないことが多い。お迎えの時は園庭で様々な年齢の子供達と混ざって遊んでいてるため、小さな子供達が車椅子に座っている夫に近寄ってきて、「どうして車椅子に座っているの?」と聞いてくることが良くあります。通常は夫が、「オートバイを早く走らせすぎちゃって転んで怪我しちゃったんだよ。」と説明します。

最近、あるおチビちゃんが同じ質問をしてきた時、息子が代わりに答えました。

「オートバイで転んで、足につながっているケーブルが切れちゃったんだよ。でも、手につながっているケーブルは切れなかったんだ。」と。

足につながっているケーブル(神経)の話は子供達にしていましたが、手のことは話したことがなかったため、ビックリしました。それでも、息子は自分なりに解釈して、手についても説明したことは感慨深く、このような抽象的な事象に関しても理解し始めたことに驚きました。人間の子供ってすごいなあと思います。

 

今週は快晴が続いて夏日のスウェーデンです。

ストックホルムから200キロメートルほど離れた街に行く用事があって、その街にある公園に立ち寄りました。その公園で、周りに生えている菜の花を摘んでは馬にあげていたのですが、小さな子がいきなり息子が摘んできた菜の花を取ってしまいました。その子もきっと馬にあげたかったのだと思います。息子はどうするかなあと見ていたのですが、何も言わずに、また、少し離れた菜の花を摘みに行きました。その小さな子のお母さんは最初は驚いて、「人のを取っちゃダメ」と注意したのですが、その子に菜の花をあげたままにした息子に、「ありがとう」と言って頭を撫でてくれました。

 

自宅では双子の姉しかいないため、年下の扱いには慣れていないはずなのに、保育園の集団生活を通じて、年下に優しくする心が育っていることを知り、とても嬉しく思いました。


謹賀新年 Gott Nytt År!

あけましておめでとうございます。

スウェーデンは2日が仕事初めでした。

昨年は夫が死にそうになるなど、大変苦しい一年でした。今年は少しいいことがあればいいなあと思います。

患者さんに世界でも第一流の医療を提供するための努力を続けることが仕事人としての目標であります。そのためには、やはり、常に新しいことを目指す必要があります。アカデミックな場所にいることは必要不可欠であり、だからこそ臨床家の立場で研究を続けることができます。多くの医師が学位を目標として研究をしていますが、学位の後も研究を続けることには大きな意義があります。臨床家の視点から仮説を立てるということは非常に大切なのです。私が関わっているような基礎研究においては、研究結果が臨床応用されるまでには時間がかかります。それでも、それがなければ次のステップがない訳です。さらに、臨床をするときの頭の使い方と、研究をするときとでは、大きな差があります。双方をすることにより、臨床家としても研究者としても、より柔軟かつ創造性のあるアイデアが生まれると感じています。

死に近かった夫が回復の兆しを見せてから、神様が私たちに下さったプレゼント。

Nature Biomedical Engineeringの2017年10月号に夫がlast authorで私も共著者である論文がアクセプトされましたが、なんと論文の図表がフロントカバーに採用されました。光栄なことです。

 

フロントカバーになったのは、私が臨床医として治療している膀胱癌の患者さんからの切除検体をすぐに研究室に運び、様々なマーカーを標識して3D画像としたものです。臨床医として常々、「内視鏡的に切除した膀胱癌の深達度がときにunderstagingである危険がある」ということを感じており、そうであった場合、表在性であるとしてBCG膀胱注入療法などを選択し、膀胱全摘のタイミングを逃してしまうことがあるため、より確実な診断方法の発見を望んでいました。この論文では、我々の新しい病理画像診断が、既存の病理診断を凌駕する可能性があるとしたのですが、その研究結果が認められ論文がアクセプトされました。

その後、反響も大きく、カロリンスカ研究所のプレスリリースに取り上げていただいたり、スウェーデンの癌基金(Cancer Fonden)などにも記事にしていただきました。

Nature Biomedical Engineeringでも、「Behind the paper』という別稿に、夫が論文が出るに至る歴史について書いています。そもそも、夫との出会いは共同研究者としてであり、今では、子供達の親として、また、共同研究者として、まさに、人生における同志であります。

 

プライベートでは、双子も5歳半となり、人間としても成長してきています。今年も単発的な更新になるかもしれませんが、臨床医として、研究者として、母として、(妻として、プライオリテイーが低くて夫よごめん)公私共々頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

Job: Förskolan Skorpan 2017-2018
Group: Groddarna

スウェーデン日本人医療従事者の会のご紹介

すっかり失念しておりましたが、今年の3月に、スウェーデン日本人医療従事者の会(Japanese Health Care Professionals in Sweden; JHPS)が発足しました。30人以上のメンバーが参加してくださっており、職種も、医師だけでなく歯科医、看護師、理学療法士、栄養士、また、スウェーデンに留学中の医師の方などにも参加していただいています。スウェーデンで医療分野の資格を取得するために学校に通っている学生さんも含まれています。

 

HPも作成され、私も時々記事を書いていますが、今回はスウェーデンにおける水難事故について書きました。よろしかったらご覧になってください(記事)。

安倍昭恵さんと会食

国内でも内閣支持率が下がって大変な中、安倍総理はドイツで行われたG20に出席し、その足でスウェーデンを訪問しました(ニュース)。

ファースト・レデイーとして昭恵夫人も同行していらっしゃいましたが、昭恵夫人のプログラムとして、スウェーデンの医療現場で働く日本人との会食が企画されました。日瑞両国で勤務経験がある医師や看護師が出席し、両国の医療システムなどについての意見交換が目的でした。

 

このランチミーテイングは、日本大使公邸で行われました。若い日本人の料理人の方による、スウェーデンの食材を用いた懐石料理に、安倍総理の故郷の山口の銘酒獺祭と白ワインが供されました。

 

昭恵夫人は、笑顔のチャーミングな気さくな方でした。お土産にボールペンと形状記憶のメガネ拭きをいただきましたが、こちらも、ご本人のように可愛らしかったです。

このような機会をいただき、感謝です。

Happy 5 years birthday!

早いもので、今日、双子は5歳の誕生日を迎えました。

2週間ほど前から、急病で夫が入院しており、一時は命の危険もありましたが、ようやく一昨日から快方に向かっており、少しホッとしているところです。同時に私は働いていますので、オンコールは免除してもらっていますが、双子の送り迎え、家事、仕事と、アップアップの状態です。夫がFUO、敗血症でプレショック状態が続いていた時には、泣き叫びたい心境でしたが、泣いても解決しないので踏ん張るしかありませんでした。今日は、双子の誕生日なので、そのことはさておき、父無し子のお祝いをささやかに。

週末に私が夫に付き添っていた時、夫の姉に連れて行ってもらった遊園地で買ってもらったヘリウムガス入りのカーズの風船。

今日、私が夕飯の用意をしている間にテラスに持ち出したら、そのまま飛んで行ってしまって大泣きの息子。「風船はお空で飛んでみたかったんだよ。きっと喜んでるよ。」と慰めました。私の腕の中で、ビー玉みたいな大きな眼から、惜しげもなくポロポロと涙をこぼしました。

5年前、32週で未熟児で生まれた我が子。健康で素直に育ってくれています。感謝です。

子供達のためのパラダイス獲得への道(1)

毎日が怒涛のように過ぎてゆきます。この病院で9年ほど働いていますが、スウェーデンとは思えないような男女不平等と未だに戦っています。最近、また一人女医さんが退職を表明しました。彼女もそんな男女不平等な職場に不満を持っていた一人ですが、戦いきれずに去って行くのは残念です。苦しい状況にも負けない強い精神力、外科医としての優れた技術と知識、大学病院で必要な研究活動、そして、なんとか喧嘩をせずにうまく同僚と付き合うこと、、、。これら全てが揃わないと、女性外科医として戦い続けることは難しい、、、。私だって、涙が出そうになる程、苦しくて悔しいことが多いけれど、それでも表面的には笑顔で、心の中では歯を食いしばって戦い続ける毎日です。

 

暗い話はこのくらいにして、子供達のパラダイス探しの話をしようと思います。

 

いくらスウェーデンの首都ストックホルムが、東京に比べものにならなほど小さいと言っても、街中に住む我々が週末に子供達と出来ることは限られています。多くの親子は、街の公園などに行って子供を遊ばせますが、そこで目にするステレオタイプは、「片手にカフェラテ、片手に携帯」です。子供たちが生まれてからすぐに、そんな週末の過ごし方は避けたいと思い始め、子供たちのパラダイスを探し続けてきました。子供のために、少し郊外に家を買う人も多いのですが、毎日忙しく働く我々にとって、職住近接だけはどうしても譲れません。予算のこともあり、当初はストックホルムから1時間半くらいの距離にサマーハウスを探していました。夫が車椅子生活なので、バリアフリーであること、あるいは、バリアフリーに改築可能であることは重要な条件。それ以外に、大きすぎず小さすぎない広さ、文明的な生活が送れること(サマーハウスには、水道なし、排水システムなし、という家も多いのです)以外に、私がこだわっていたのは、眼の筋肉のストレッチができる見晴らしの良さ、静けさ、そして可能であれば、海か湖が徒歩圏内と、かなりハードルが高い条件でした。

そんな時に、ある友人にアドバイスされました。いかに距離が大事であるかということ。「1時間以内でないと、頻繁には使えないよ。」と。そうなると、さらに検索範囲は狭くなります。ストックホルム人に人気の地域、Varmdöであっても、離島は論外、陶器のアウトレットがあるGustavsbergでも40分はかかります。もう少し予算的に優しいのがストックホルム北に位置するNorrtälje方面。しかし、Norrtäljeで既に50分。その他、SigtunaやSkokloster、Tyresö、Nynäshamn、Botkyrkaなど。アパート探しと違って目的地までが遠いので、ネットで調べて現地に行くだけで相当な時間がかかります。その友人は、見つけるまでに7年かかったとか。私たちはそんなに待ってはいられません。子供が小さいうちに自然の中での生活を経験させたいからです。私は子供の頃、「やかまし村」のシリーズを愛読していました。まさに、「やかまし村」のような環境を見つけたかったのです。

スウェーデンは森と湖の国です。森の中の湖のほとりにある物件も何件も見ました。しかし、ストックホルムから1時間以内の湖の水質というのは、やはり、海にはかないません。メーラレン湖は別として、その他の小さな湖の水は淀んでいて泳ぎたいとはなかなか思えず、海の水の美しさには及ばないなあと感じるようになりました。そこで海辺に近い場所を探してみると、車椅子で水辺に行けそうな平坦な土地というのはありそうでないのですね。高速道路から距離があると時間がかかりますし、近ければ高速道路からの音が聞こえる。Norrtälje近郊では、場所によってアーランダ空港へ離着陸する飛行機の音がする。それも、毎分のように。時間をかけて現地に行ってみたけれど、がっかりすることばかりで、このままでは永遠にサマーハウスを見つけることができないような気さえし始めていました。

「世界ナゼそこに日本人」無事OAとなりました

ゴールデンウイーク中の5月1日、世界ナゼそこに日本人」2時間スペシャルが無事にOAされました。思ってもみないような方に見ていただいて、連絡を受けたりして、嬉しいサプライズが沢山ありました。OAの当日のテレビ欄の解説が、「神業」などとかなり盛ってあり、それを知らされていなかった私は急遽、デイレクターに抗議の連絡をしたりしてバタバタしました。

テレビ、殊に民放は視聴率が絶対で、視聴率を稼ぐために盛るのは当たり前というような感じがありますが、やはり、、、。それでも、担当のデイレクターさんはかなり真面目に取り組んでいただいたので、感謝はしているのですが、、、。どんな手術であっても、成功率が100%ということはありえません。しかし、何としても100%という数字を出して、「ドクターX」に結びつけたかったようです。これまで大きな合併症なく手術はしてきてはいるものの、私としては不本意で恥ずかしい気持ちで一杯です。

 

自分の写真を見るのもこそばゆいのに、映像を見るのは恥ずかしくて、あまり見てはいないのですが、こちらに既に映像が上がっていました。そのうちYoutubeに出た時に、リンクを貼り直そうと思います。ロケは10日程度、朝から晩まで密着取材で、それはそれは大変でした。これだけ大変だと知っていれば、受けることはなかったのではと思います。そのうち、ロケの様子も記事にしたいと思っています。


「私、失敗しないので」とは言えませんが、少しでも確実で良い成績となる手術ができる外科医となるように、今後とも精進してゆく覚悟です。

 

テレビ出演します!

ご縁があって、来週5月1日月曜日、9時からテレビ東京の「世界ナゼそこに?日本人」2時間スペシャルに出演させていただきます。私の日常のドタバタが紹介されます。お目汚しですが、よろしかったらご覧になってください。