Visits

Online: 2
Today: 169
Week: 3825
Overall: 2904579

Flag counter

free counters

麻央さんの逝去におもうこと

麻央さんがついに力尽きたこと。医師としてその日は遠くないとは思っていたけれど、人間として、女性として、そして、同じような年齢の子供を持つ母親として、心が張り裂けそうになり、報道から1日以上経った今でも、考えるだけで涙がにじんできます。

 

子供に恵まれる前までは、「死」というものが日常茶飯事であることもあり、死ぬことを怖いと思ったことはありませんでした。しかし、子供を産んでからは、小さな子供達を残して死ぬことを怖いと感じるようになりました。「死」とは予期できるものばかりではありません。子供が生まれてから、突然やってくるかもしれない「死」に対して準備をすることを考えるようになりました。そう、「死ぬ準備」です。毎日、仕事と育児に追われる中で、ブログをやめようと思ったこともありますが、以前にも書いた通り、このブログは、私の生きた軌跡でもあります。もし、私に予期せぬ「死」が訪れた時、子供達が成長した暁には、このブログを読んで母を知ってもらいたい。そして、十分な愛を与え、母親としての務めを果たせなかったとしても、どれだけ子供達を愛していたかということを知るヒントになれば、という思いで、ブログを続けることにしました。

 

麻央さんがブログを始めてから、ほぼ毎日のように彼女のブログを読むようになりました。何気ない日常からも、彼女の子供達への愛が伝わってきました。最後に退院しても、酸素チューブがつけたままだったり、輸血が必要だったり、浮腫が増強したり、という病状を見ると、Xデーは遠くないことがわかっていました。数日ブログが更新されていないと、それだけで胸が痛くなりました。

 

月並みですが、麻央さんの記事がBBCに載った時、彼女の予後を思い、子供達のことを思い、涙が流れました。そして、その記事を今読み返して、再び涙が流れます。特に、後半の部分。

 

人の死は、病気であるかにかかわらず、

いつ訪れるか分かりません。

例えば、私が今死んだら、

人はどう思うでしょうか。

「まだ34歳の若さで、可哀想に」

「小さな子供を残して、可哀想に」

でしょうか??

私は、そんなふうには思われたくありません。

なぜなら、病気になったことが

私の人生を代表する出来事ではないからです。

私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、

愛する人に出会い、

2人の宝物を授かり、家族に愛され、

愛した、色どり豊かな人生だからです。

だから、

与えられた時間を、病気の色だけに

支配されることは、やめました。

なりたい自分になる。人生をより色どり豊かなものにするために。

だって、人生は一度きりだから。

 

世の中には一人ぼっちで亡くなっていく方も沢山いらっしゃいます。家族があっても事情が許さず家に帰ることができず、病院で亡くなる方が殆どです。麻央さんが、最期の時を、在宅で、家族に囲まれて過ごすことができたことは良かったなあと思います。そして、日本中の、いや、世界の多くの人たちが、彼女の死を悲しんでいるのは、勿論、彼女が彼女の仕事をきっかけとして有名となったこともありますが、自分の進行癌を公表し、癌と闘う姿を映像と共にさらけ出し、心情を吐露して共有した勇気、そして、外見も美しい人でしたが、内面も、人間として、女性として、母として美しい人であったに違いありません。

 

現在の医学でも助けることのできる病は限られています。それでも、一人でも多くの方が元気になることができるように、微小ながら貢献できればという思いを強くするとともに、麻央さんの残された二人の子供達が健やかに育って欲しいと願っています。

 

麻央さんのご冥福をお祈り申し上げます。

Mr stupid president!

トランプ米大統領は、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱すると発表した。世界2位の温室効果ガスの排出国であるアメリカなのに、その国民の3分の1が地球温暖化を信じてないって、信じ難い。アップル、インテル、グーグルなどは、主要紙の一面を買って大統領へのメッセージを出した。

ニューヨーク市長、反旗!

NYC Will Stick with Paris Agreement

ICYMI

Opslået af NYC Mayor’s Office på 1. juni 2017

カロリンスカ大学新病院の「改悪」・諸悪の根源コンサル会社

カロリンスカ大学の新病院については、既に、第一陣が引っ越しを終え診療を開始したにもかかわらず、日々あちこちで不満の声が聞かれます。さらには、看護師不足による診療への支障が毎日のようにあります。殊に、オペ室。オペ室の看護師不足で、私の科も毎週10件近くの予定手術がキャンセルされています。その他の科も同様。今年の夏はさらに状況は悪化するようで、予定手術用の手術室が病院で1室だけ、という期間もあるのだそうです。どうなっちゃうの?まさにクレイジーな状況。相当数の派遣看護師に頼っている現在、休暇期間になれば人手がないのは当たり前。看護師が退職する最も大きな理由は「給料」です。大学病院は医師も含め他の病院より給料は低い。しかし、それが納得する程度であるなら大学病院でしかできない仕事もあるので働く人もいますが、他施設との開きが月に1万クローネはあるというのです。看護師の給料が3万クローネくらいだとすると、その差は大きい。しかも重労働の大学病院。

 

給料を上げさえすれば人は集まるのだから本来なら簡単なこと。しかし、病院にはお金がありません。そこで、新病院のお金の使い道に怒りが向けられます。そうです!ほとんどの勤務者は、今までとは全く異なる「組織改変」に異議を唱え、それを企画した「コンサル会社」に怒り、そのコンサル会社に同調した病院長の信用は地に落ちているのです。病院長を信頼する医師はなんとわずか3%。今までコンサル会社に10億クローネ近くも支払ってるんです。日本円で130億くらい?中でもBCGには2015年に33ミリオンクローネ、2016年には90ミリオンクローネを支払っています。最も高い時給は2800クローネだそうです。凄過ぎる!医療の素人に!いや、自称、医療のプロだそうですが。医師免許持ってないのに。

 

 

少し前のこの記事は、そんな状況を説明してくれています。

この、Andreas Rindgman Ugglaっていう人は、医学部を出たのですが、准看護師などとして少し働いたことがあるだけで、もちろん医師免許は持っていません。

臨床経験なくBCGで働いていたにもかかわらず、医療のエキスパートを謳っており、今回の新病院の組織「改悪」の主導者となっています。ですから、スウェーデンの医師組合が、「彼が医師ではない。」と言う声明を出したこともあります。とにかく、医師主導でコンサル会社を利用するならまだしも、コンサル会社が主導になるなんてもっての他。コンサル会社にいる「ダブルスペリャリスト」というのは殊に胡散臭い。まあ、社会を見回せば沢山いますが、複数の専門を「極める」ことなんて普通できませんから。どれも、所詮2流止まりとなるのが関の山。

 

カロリンスカ研究所もBCGが入りましたが、研究者個人のデスクを取り払い共用とする馬鹿げたBCG案を結局研究所は却下しました。ところが、新病院。組織改悪のドサクサで、医師用のコンピューターやデスクが共用となってしまったことにまで踏み込んでいませんでした。BCGの言い草は、「各医師がどれだけ自分の机に座っているか。」の数字を出し、それから、「個人用のデスクは不要」という結論を導いたのだとか。そのため、すでに新病院では、カルテをデイクテーションするためのコンピューターに列が出来、無用のイザコザを招いているのだとか。トイレへ入るにもIDカードが必要なんです。トイレのためにカードをコンピューターから抜いて中座し、戻ってきたら誰かが使っているとか、、、考えられません。本を置くところもありません。現場を知る「医師」の考えではありえませんね。BCGは撤退したようですが、Andreasは居残っています。彼も、オランダから来た雇われ院長も退職してほしい、というのが、現場の声です。BCGに払うお金があれば、それを看護師の給料に回せば良い医療が自ずとできるんです。

 

私だけではなく、本当に多くの医療従事者が怒ってます。ちょうど、このカロリンスカ新病院(NKS)とBCGを揶揄した歌がyoutubeにアップされました。NKS とBCGという言葉が多発されています。

BCGは「色とりどりのプレゼン、アルマーニのスーツにシャンパン」に象徴される、コストばかりかかる無用の長物。スウェーデン語がわからなくても、理解できるのでは。あまりに真実すぎて、悲惨なのに涙を流して笑ってしまいました。言い得て妙。

記事については、余力のある時に少し訳してみます。

ヒジャブ着用で不採用

SASの所謂、グランドホステス、という職種でしょうか。この職種に応募した23歳のモスリムの女性が、職場でもヒジャブを着用すると意思表明したことで不採用になったと云う記事(DNAftonbladet)。

 

スウェーデンに移住して10年。街だけでなく職場でも、看護師さんや患者さんなど多くのモスリムの方を見てきました。当初は特に考えることもなかったのですが、アメリカだけでなくEU、そしてスウェーデンでもモスリムの関係する事件が増え、様々な議論を耳にするにつれ、自分自身もいろいろと考えを巡らせるようになりました。以前の記事で、とても優秀な同僚が、「一部の悪いモスリムのために、モスリム全体に対する風当たりが強くなる」という発言をしたことに触れた記憶がありますが、確かにその通りなのです。外来でも様々なモスリムの患者さんに会いますが、スウェーデン社会に融合してスウェーデン語を話し、職を持っている方も多いです。一方、スウェーデンのパーソナルナンバーを持ち、何年経ってもスウェーデン語さえ話すことができず、税金で通訳を雇って受診する方も多いのも事実です。大きな声では言えませんが、無職で次々と出産し、子供手当で生きている中年の女性、働けそうなのに、何故か病気のための早期退職制度で年金?というより生活保護生活をしている人、外来や検査をすっぽかす人、、、。スウェーデンの社会福祉の中で問題となる方が多く存在します。そういう人達に会うたびに、この人達の生活を、一般市民の税金で支えているだけでなく、無断キャンセルとなった外来や検査は、他の一般市民が受けられたはずのものであるという、なんともやるせない気持ちになってしまいます。勿論、大局的に考えれば、そういった移民や難民をスウェーデン社会に融合させることに失敗している国の政策に原因があるとも言えるのですが、、、。

大分、脱線しましたが、SASで問題となったヒジャブの話に戻ります。ヒジャブは頭に被るベールのようなもので、アラビア語では貞淑、道徳といった意味もあるように、イスラム教では、

SASの所謂、グランドホステス、という職種でしょうか。この職種に応募した23歳のモスリムの女性が、職場でもヒジャブを着用すると意思表明したことで不採用になったと云う記事(DNAftonbladet)。

スウェーデンに移住して10年。街だけでなく職場でも、看護師さんや患者さんなど多くのモスリムの方を見てきました。当初は特に考えることもなかったのですが、アメリカだけでなくEU、そしてスウェーデンでもモスリムの関係する事件が増え、様々な議論を耳にするにつれ、自分自身もいろいろと考えを巡らせるようになりました。以前の記事で、とても優秀な同僚が、「一部の悪いモスリムのために、モスリム全体に対する風当たりが強くなる」という発言をしたことに触れた記憶がありますが、確かにその通りなのです。外来でも様々なモスリムの患者さんに会いますが、スウェーデン社会に融合してスウェーデン語を話し、職を持っている方も多いです。一方、スウェーデンのパーソナルナンバーを持ち、何年経ってもスウェーデン語さえ話すことができず、税金で通訳を雇って受診する方も多いのも事実です。大きな声では言えませんが、無職で次々と出産し、子供手当で生きている中年の女性、働けそうなのに、何故か病気のための早期退職制度で年金?というより生活保護生活をしている人、外来や検査をすっぽかす人、、、。スウェーデンの社会福祉の中で問題となる方が多く存在します。そういう人達に会うたびに、この人達の生活を、一般市民の税金で支えているだけでなく、外来の無断キャンセルが出るたびに、一般市民の受けられるはずだった医療サービスなのに、と複雑な気持ちになります。勿論、大局的に考えれば、移民、難民をスウェーデン社会に適応させることに失敗している国の政策に問題があるとも言えるのですが、、、。

 

大分脱線してしまいましたが、SASで問題となったヒジャブの件です。SASでは、欧州司法裁判所の最近の判断もあり、今後の採用に関して、「職場では宗教、政治、哲学に関して中立である服装」という立場をとるということです。

これがニュースとなった女性です。

ブルカやニカブは以前から抵抗がありました。患者さんとしてきた時も、顔が良く見えないと医学的に困ることもあります。

ヒジャブに関しては、以前はあまり気にならなかったのですが、スウェーデンで色々と経験するうちに、とても気になるようになってきました。スウェーデンでも、モスリムの女性が男性の所属物のように扱われる事件、そして臨床の場でそれらを見かけると、これらの被り物が、文化としては受け入れることができない範疇のものとして思えるようになりました。結婚前に男性と関係を持った女性が家族により殺されたり、女性に対しても所謂、割礼が行われ、性器に損傷が見られる患者さん、あるいは、大陰唇を縫い合わされている女性、、、、。前出の優秀な同僚でさえ、息子はモスリムの女性と結婚させると言い切っています。

 

今日、子供たちのお友達の誕生日パーテイーで、屋内遊園地のようなところへ行きましたが、そこでも、小学生くらいの女の子たちがヒジャブを被っているのを見て、とても気分が悪くなりました。

自分自身で宗教や文化も理解できない年頃から、男性に従属するという象徴とも取れるヒジャブを被らされる、、、。

 

非モスリムの人間が、モスリムの国を訪れたのであれば、その国へのリスペクトを表現する意味でヒジャブを被るのは理解できます。しかし、非モスリムの国に、モスリムである人間が住むのであれば、ヒジャブを被ることはリスペクトに欠けるとも言えると思います。殊に、男女平等を重んじる国においては。

「郷に入れば郷に従え」、「Do as Romans do」というのは、万国共通だと思うのですが。

 

しかしながら、欧米の複数の首長やファーストレディーは被り物なしでサウジアラビアを公式訪問していますね。やはり、男女不平等に対するプロテストなのではないでしょうか。

おまけ:

若い世代の医師達には、モスリムのバックグラウンドを持つ人も多く、なぜか女医さんが研修医、あるいは研修医のポジションを得る前のアルバイトとして私の科にやってくることが良くあります。親の代で難民としてやってきてスウェーデンで生まれた人、幼少の頃に難民としてやってきた人などいろいろですが、もの凄く優秀です。日本の研修医は逆立ちしてもかなわないくらい。そしてなぜか彼女たちはヒジャブを被っていませんねー。偶然だとは思いますが、医師でヒジャブをつけている人をまだ見たことはありません。

テロ発生後48時間の黙祷

 

 

ストックホルムでのテロから二日後の日曜日。現場から近いSergel広場で、市民の集会がありました。

およそ2万人の人が集まって、スピーチや歌が披露され、テロからちょうど48時間が経った時、1分間の黙祷を捧げました。

広場は人種を問わず、老若男女で埋め尽くされ、広場にある階段は花で埋まりました。警備の警官に花束を渡す人々の姿もありました。スピーチでは、開かれた街、ストックホルム、平等の街、ストックホルム、そして、テロに屈しない連帯と愛が強調されました。


 

テロという許すことのできない出来事から、人間のポジテイブなエネルギーを感じ、悲しみの中に希望を感じることができ、胸が熱くなりました。次のビデオを見ると、思わず涙がこぼれそうになります。

De trodde att de kunde vinna över oss. Att de med hjälp av terror och rädsla kunde slå oss i bojor. Men de hade inte förstått. De hade inte räknat med den kraft som finns i kärlek, medmänsklighet och mångfald.De hade inte förstått.Över oss vinner de aldrig.Ingen annan video idag sammanfattar det bättre än den Herman Caroan har satt ihop. Publicerad med tillstånd. https://twitter.com/HermanCaroan/status/851081809504894976/video/1

Opslået af Emanuel Karlsten på 9. april 2017

 

 

我が街ストックホルムでテロ

ヨーロッパ各国でテロが起こるようになっても、スウェーデンは政治的に考えても、テロの起こる確率は低いと思っていた。

4月7日。イースターを一週間後に控えた金曜日の15時頃。金曜日といえば通常のウイークデーよりも早く終業する人も多い。私の病院でも15時勤務終了だ。

そして、場所は、街の中心の歩行者専用道路であるDrottninggatan。観光客だけではなく、地元民も集まる、最も混雑している歩行者天国だ。

karta

ビールの集配中で、運転手が離れている隙にハイジャックされた大型トラック。そのトラックが歩行者天国を暴走する。ノーベル賞授賞式が行われるコンサートホールや市場を通るKungsgatanとの交差点で3人がはねられ命を落とした。

歩行者用道路に面するお店のカメラには、必死に逃げる人たちとそのあとから暴走してくるトラックが写っている。

500メートル以上暴走して、トラックはストックホルムで最も大きなデパートに突っ込んで止まった。

lastbil2

私が事件の第一報を知ったのは、事件発生後10分くらいだったと思う。すでに勤務時間が過ぎていたため、急いで保育園に子供を迎えに行った。もう10分でも出るのが遅かったら、病院から出られなかったと思う。しかし、この時、自宅および保育園のすぐ側で発砲を確認したというニュースが出た。保育園に到着すると、まさにその時、園庭で遊んでいた園児を屋内に避難させているところだった。子供達の無事を確認しホッとする間もなく、すぐに帰宅。SNSでは、「私は無事」というメッセージが飛び交っていた。事件現場付近では人々はすべて屋内に避難、街は閉鎖された。交通機関はすべてストップした。病院では緊急事態体制が取られ、関連部門では職員が帰宅せずに待機。

救急外来でも多くの人が自主的に残って、対応を協議。写真はHuddingeの救急。

huddinge2

家の近くのSt Göran病院の救急の様子。

stgoran

週末は通常、ベッド数を減らすことになっている。その上、負傷者を受け入れるとなると、軽傷の患者さんは家に帰すか、どこか他の病院に転院させなければならない。不幸中の幸いで、カロリンスカに送られてきた負傷者は二桁に満たなかったため、何とかなったようだが、もっと多くの負傷者が出た場合にはどうなるのか。

doctor

 

police

 

polisen-attacken-04

attacken-polisen-20

attacken-polisen-18

 

一晩明けた今日、現場近くには花を供える人々が。

STOCKHOLM 2017-04-08 Människor lägger ned blommor och ljus vid två sk Stockholmslejon i betong på Drottninggatan i centrala Stockholm. En kapad lastbil körde på ett stort antal personer på Drottninggatan vid 15-tiden på fredagen. Fyra personer dödades och 15 skadades. Polisen utreder händelsen som ett misstänkt terrordåd. Foto: Jonas Ekströmer / TT / Kod 10030

17799945_10154648459328981_674261903987931754_nblomma

 

flower1

17862272_10154892754593859_4551994326938211377_n

police2

 

テロの起こった当日の夜、ストックホルム郊外で、ウズベキスタン出身の出稼ぎの男性を拘束した。イスラム国に感化されていたという話もある。

犠牲者は現在まで4名。41歳のイギリス人男性31歳のベルギー人女性69歳のスウェーデン人女性、そして11歳のスウェーデン人の女の子、Ebba。

Aftonbladetより

ユールゴーデンにある学校から下校途中だったそうだ。

罪のない子供までがテロの犠牲に。胸が引き裂かれる思いだ。

世界はどうなってしまうのだろう。

私には何ができるのだろう。

ノーベル賞晩餐会

ノーベル賞シリーズもこれが最後です。

授賞式終了後、バスに分乗して晩餐会会場のストックホルム市庁舎へ。

招待状には、名前だけでなく、バーコードもついています。招待状と身分証明書をスキャンして入場。会場には、70ページ弱の小冊子が積んであります。

2014-12-25 12.49.52この小冊子が座席表。

最初のページは、ノーベル財団の招待客。王族と受賞者です。今年初めて、マデレーン王女の夫、クリスと、カールフィリップ王子のフィアンセ、ソフィアが出席しました。

2014-12-25 12.49.31

最後のページには、テーブル配置。

2014-12-25 12.50.16

招待客の名前はアルファベット順に並んでおり、テーブル番号と席番号がわかるようになっています。

2014-12-25 12.51.11

タイトルのある人は、タイトルとともに。私は赤崎先生とその家族、天野先生の家族、そして化学賞のHell教授の家族と同じテーブルになりました。

2014-12-10 18.58.06

2014-12-25 12.52.17

右下が王様、右隣に生理・医学賞のMoser教授(妻)、ダニエル王子、ダニエル王子の右隣は、Hell教授の妻で、彼女も教授。前回の記事で述べたように、夫妻ともに教授や、妻が准教授や博士などのタイトルを持っているカップルが多いのには驚かされます。日本では、成功する夫の伴侶は専業主婦が多いはず。

 

オナーテーブル以外の招待客が着席し、王族ほかオナーテーブルの招待客が2階からの階段から入場します。夫妻ではないペアの男女で入場しますが、婚約中のカールフィリップ王子は例外。

2014-12-10 19.06.42

kungen

マデレーン王女はHell教授と。マデレーンのドレス、好みです。

 

madde2

婚約中のカールフィリップ王子とソフィア。彼女は刺青を入れていたようですが、婚約に際して密かに手術して消したという噂。

sofia

こちらは、晩餐会前後に撮影されたシルビア王妃、マデレーン王女と、Hell教授夫妻と3人の子供達。9歳の双子の男の子と、5歳の女の子。この子達の隣に私は座りました。

ta12fc3c-jpgsvt

ノーベル財団理事長と国王による2回の乾杯でシャンパンを味わいます。

この晩餐会では、王族や著名人のファッションが注目を集めますが、ビクトリアの真紅のドレス。本来サッシュは直に皮膚に触れてはいけないのだそうで、彼女のオフショルダーのドレスは、そのルールに抵触するとかで、批判がありましたが、美しかったです。

vickan

ソフィアのドレスも良かったです。女性でも胸の谷間が気になります、、、。

original

ジャーナリストがいろいろな人にインタビューしていましたが、一人だけ振袖を着ていた天野先生のお嬢様が英語でインタビューされていました。

2014-12-10 20.52.48-1

そして、Hell教授の双子。インタビュアーのEbbaは王室御用達?のジャーナリストとして良く知られています。

2014-12-10 22.04.35

双子の5歳の妹。彼女は最も若い招待客だったに違いありません。

2014-12-10 22.18.47-1

化学賞の代表挨拶はHell教授でしたが、まだ英語のわからないHell教授の子供達は、どんな気持ちでパパを見つめていたのかしら。

2014-12-10 22.26.42

シャンパンでホロ酔い加減の私です。

2014-12-10 21.21.01

 

会場にはスウェーデンの各大学の旗が集められていて、学生が旗手を務めています。テーブルから2階を見上げたところですが、美しいですね。

2014-12-10 22.30.59

アトラクションも、お食事も、招待客同士の会話も、全てが特別で、私も楽しむことができました。

次の日の大手術がなければ、ダンスにも参加したのですが、王族が退席してすぐ私も会場をあとにしました。

ノーベル賞授賞式

ノーベル授賞式の日を、振り返りたいと思います。写真は、iPhoneでの撮影がさほど綺麗でなかったため、新聞などから拝借。

招待されるとは思っていなかったので、当日午前中は外来診療が既に入っていました。外来診療を済ませて帰宅。また、着用予定だったドレスはネットでオーダーしていましたが、結局間に合わなかったため、手持ちのドレスの中から急遽選ぶことになりました。ドレスコードは、女性はイブニングドレス、男性は燕尾服と決まっています。 私のドレスは、プレーンな黒のロングドレスだったため、大きめのバロック真珠のネックレスとお揃いのピアス、真珠のリングと、普段は使えない大きめダイヤのリング、大好きなカルチェのドレスウオッチを合わせました。

生憎の小雨模様、コンサートホールは美しくライトアップされて、リムジンが並んでいます。青いナンバープレートは外交官プレート、その中でも、1Aで終わるものは、各国大使のナンバーです。大使に限り、コンサートホール前に駐車でき、コンサートホールの周辺の車の進入は完全に閉鎖されます。

konsert

授賞式は何回も出席していますが、今回は初めて舞台近くの席に着席しました。

通常、王族メンバーは全て壇上に座るのですが、今年は国王、王妃、皇太子ビクトリアとダニエル王子の4人だけで、カールフィリップ王子とフィアンセのソフィア、マデレーン王女と夫のクリスは壇下の最前列に座りました。

pris

original copy

ビクトリアの真紅のドレスはとても素敵でした。しかし、エキスパートからクレームがついたとか。この点は後ほど。随分、痩せてしまっていて(実物はもっと痩せて見えました)少々心配になりました。

nobelpriset-victoria

日本から受賞の物理学賞の3氏については、すでに良く知られているため省略。

カロリンスカに選考委員会のある生理・医学賞は、脳に存在するGPS細胞の発見に。

ノルウェーから、Moser夫妻。

3422082_2048_1152

彼らは大学時代の同級生。かれこれ30年一緒にいるそうです。写真は若き日の夫妻。

3449501_1772_994svradio

3449460_1763_989svradio

Nobelpristagare

141104

彼らのラボには100人以上のメンバーがおり、受賞の知らせに大喜び。

3423622_2048_1151

彼らには医学部に通う二人の娘がいます。

3449466_2046_1151svradio

授賞式には、ニューロンをイメージした大胆な模様の入ったドレスで。

am-may-britt-moser-awardnobelstif

大学の同級生が、仕事でも家庭でも同志として30年、愛の結晶はノーベル賞と二人の娘。こんな幸運はまずあり得ませんね。

化学賞は、次の3人。

3423090_2048_1123svradio

ペア受賞ではありませんが、右手のBetzig氏の妻は、彼のリサーチグループで働く研究者Na Ji

Betzig and Na janelia

1676893-prix-nobel-de-chimie-eric-betzig-et-na-950x0-1

晩餐会の席順は小冊子に印刷されているのですが、名前とタイトルが記載されています。日本からの受賞者のパートナーはタイトルなし(妻という記載のみ)なのですが、海外の受賞者や、招待客は夫婦ともにタイトルがある場合が多く、日本では未だに男の成功の陰には家庭を支える妻が必要なのだなと感じました。ちなみに、晩餐会では各賞から代表で一人ずつ挨拶があるのですが、物理賞は中村先生でした。そして彼のスピーチの中で、「Thank you for letting me work hard」という言葉が、会社や同僚、家族に対して投げかけられ、聴衆の笑いを誘っていました。きっと、非常に日本的で、殊に、プライベートを大切にするスウェーデン人には、理解できないと思いました。

授賞式のあとは、晩餐会の一般招待客は青いSLバスに分乗して市庁舎へ向かいました。

STAP騒動に幕

今年の1月、Natrueに発表されたSTAP細胞に関する論文。発表された日から注目していました。カロリンスカでも、ノーベル賞に値する発見かどうかという噂話をしている人たちがいました(もっとも、選考委員会に近い人たちの意見は、「既にstress-induced multipotential cellが報告されているし、無理だろう。」といった感じでしたが。)。

「リケジョ」などの新語を生むなど、日本では一大センセーションを巻き起こし、小保方氏は一躍、時の人となりましたが、一方、論文の発表直後から、論文の信憑性についての議論が始まりました。

小保方氏が、「してはいけないという認識がなかった。」とした、電気泳動のバンドの切り貼り。

l_yuo_riken_08

蛋白実験や遺伝子解析を扱う研究をしたものであれば、これだけでアウトと考えるのが自然なのではないでしょうか。私もその一人として、そう思いました。全てのレーンが論文掲載に堪え得るクオリティのものが得られるまで、何十回でも、何百回でも繰り返すのが常識。それがNatureのようなトップジャーナルであればなおさらのことです。

 

asahididital(朝日新聞デジタルより)

 

STAP細胞は体細胞由来の細胞から簡単に万能細胞が作製できるという点が売りであるため、STAP細胞には、体細胞で見られるべき、「T細胞受容体遺伝子の再構成」がある必要性がありましたが、この点が覆ってしまったため、共同著者の若山教授から論文撤回の呼びかけが3月にありました。

BivwGBLCYAEjEFY

その他も、博士論文からの複数の画像の流用や、実験方法の部分における、他論文からのコピペなど、お粗末としかいいようのない捏造疑惑が次から次へと明らかになります。通常の科学者であれば、もはや論文撤回は当たり前、呆れを通り越して怒りさえ覚えたのではないでしょうか。その中で、日本の誇れる研究者である笹井氏が、小保方氏を庇い続けたのは不思議でした。カロリンスカでも再生医学の分野では良く知られていた笹井氏は、将来、ノーベル賞を取る可能性もあるとされていたようです。ノーベル賞を取るためには、優れた科学者であるだけではなく、類まれな運を持っていなければなりません。言い換えれば、天才と言われるまで優れている必要はないけれど、強運がなければいけないと言えるかもしれません。そういった意味では、笹井氏は天才的な研究者だったようです。そして非運、悲運の。iPS細胞では、当時、世界中の多くの研究者が同じ手法でiPS細胞の作製を目指しており、iPS細胞の作製に成功しノーベル賞に到達することは時間との競争で、新しい発想が必要だった訳ではありません。つくづく運命とは皮肉なものだと思わざるを得ません。

そして、今年の8月5日。悲劇は起こりました。天才的研究者、笹井氏の自殺。遺された複数の遺書から、知られていなかった真実が明らかになるかとも思いました。「小保方さんのせいではありません。」「STAP細胞を証明してください。」「新しい人生を歩んでください。」などの表現を目にしたとき、私は、彼は彼女を本当に大事にしていたんだな(愛していたんだな)、と思いました。STAP細胞がないことはすでに彼は知っていたはずなのに。理研内では、映画「ボディーガード」で、ホイットニーヒューストンを守るケビンコスナーを気取っていたそうですが、自分の死に際しても、彼女を守ろうとした、、、、。笹井氏には妻子もいたようですから、人目を憚る関係であったのでしょうが、研究所では大手を振っての同志。研究の道に足を踏み入れた女性が、天才肌の研究者に恋し、男盛の研究者が、日夜傍にいて研究に邁進する妙齢の美しい女性に心を奪われるのも不思議ではない、というより、そうならない方が不思議です。また、笹井氏ともあろう人が、STAP細胞が存在しないことや、小保方氏が研究者として稚拙であることを、認識しなかったはずがありません。少なくとも、論文がpublishされたのち、様々な疑惑が沸き起こったあとは。勿論、ことの始まりは、殊に、iPS細胞に再生医学研究におけるひな壇をさらわれたことなどの研究者としての焦りなどがあったのかもしれませんし、故に研究者としての能力を見抜くことは難しいことではなかったはずなのに、目くらましにあってしまったのでしょう。

sasaobo

そして大方の想像通り、STAP細胞の存在は証明されることなく、検証実験は終了。小保方氏が200回以上作製に成功したのはES細胞だったのでしょう。小保方氏は退職。野依氏を冠する理研らしい幕引きです。

小保方氏の研究者としての将来がないのは自明です。多量のコピペが発見された博士論文であるにもかかわらず、早稲田が彼女の博士号の撤回を決定しないのもおかしな話ですが、捏造論文で教授職を得ても、教授職に留まることのできる日本ですから、所詮、そんなものなのかもしれません。

 

自己責任とはいえ、小保方氏に出会ったことが悲劇の始まりとなり、自らの命を絶った笹井博士。日本も世界に誇れる研究者を失いました。悲しいことです。Nature blogも笹井博士の死に際してコメントを出しました(記事)。

JAPAN-STEMCELL-RESEARCH-SCIENCE-SCANDAL

彼の死を止めることはできなかったのか。私が小保方氏で、本当に彼を愛していたなら、「捏造は全て自分がやった。彼の責任ではない。」と言ったと思います。そして、おそらく、それが真実だろうと思います。研究者でない人は、「彼は指導者なのだから、彼女の不始末は彼の責任。」と軽々しく言いますが、何千という実験の全てをコントロールすることは、指導者であっても不可能に近いことです。このあたりの事情は、やはり経験者にしか理解できないのか、非研究者と研究者、文系研究者と理系研究者、また、理系研究者であっても、同じような実験系を使う研究者と使わない研究者とでは、意見が異なっているのが印象的でした。

 

私の気持ちに近い記事を発見したので、リンクを貼っておきます。週刊現代という雑誌がどういう雑誌かは知りませんが、バランス良く(私の好みに)書かれているような気がします。産経のこちらもおすすめです。

最後に、、、。小保方氏が確信犯であったのかどうか、ずっと想いを巡らせてきました。小保方氏が全くのおバカさんで、自分の間違いに気づいていなかった。あるいは、確信犯であった。私の結論は、後者です。おそらく、大学時代に始めたコピペなりの小さな不正が想像以上に有効で、その成功に味をしめ、不正を繰り返した。そして、その不正は徐々に膨れ上がり、後戻りできなくなってしまった、、、。

笹井氏の死という大悲劇をもたらしたことで、彼女が少しでも後悔してくれていることを祈ります。

Lena Mariaさんのコンサート

連日39度の発熱で、仕事を休んでおります。また、お返事が滞っておりますが、ゆっくりとさせていただきます。

Lena Mariaさんは、生まれつき両腕欠損の障害を持ちながら、パラリンピックに出場し、ゴスペル歌手としても活躍しています。日本での人気は高く、彼女の人生が漫画になったりも。私も、以前、沖縄で勤務していたときに、彼女のコンサートに行ったことがあります。

双子のお迎えの帰りに、目に留まったポスター。何と、彼女が、我が家の傍の教会でコンサートをするそうです。

2014年3月2日(日曜日)18時より、S:t Göran教会にて、入場無料。

行きたいなあ、、、。

lenamaria