Visits

Online: 1
Today: 213
Week: 2971
Overall: 3686633

Flag counter

free counters

Gretaちゃん

スウェーデンは勿論のこと、世界中で今や有名人となったスウェーデン人少女のGreta Thunberg、16歳。約1年前のスウェーデン山火事をきっかけとして、CO2排出削減などを求めて、総選挙に合わせて国会の前で毎日座り込みをしました。その後も、毎週金曜日は学校を休んで「Skolstrejk för klimatet」(気候変動問題のための学校ストライキ)というプラカードを抱えて座り込みを続けました。当時、彼女は中学三年生。彼女の座り込み運動は、爆発的に拡大し、金曜日の学校ストライキは全世界に広がった。彼女は「アスペルガー症候群の環境活動家」と自称。

私がこの6月に日本に帰国した際に、母校でセミナーを開く機会がありましたが、そのセミナーで、Gretaちゃんについて尋ねたら、日本でも生え抜きのエリートであるはずの彼らは誰一人として彼女のことを知りませんでした。これはとてもショックでした。

日本でも、彼女が国連前にヨットでアメリカへ渡った頃から少しずつ報道されるようになり、国連で演説をしてから、さらに報道されています。しかし、環境問題を信じない人たちが、トランプ大統領を筆頭として沢山いることにも驚きます。そして、(これまでCO2を放出しながら発展してきた)先進国だけでなく、発展途上国にもCO2削減を求めることに矛盾を感じている人など、私には理解できない人たちが沢山います。先進国が発展してきた時代と今の時代は違います。昔の常識は現在の常識ではないと思います。

今回、Gretaちゃんの記者会見は、感情に流されすぎて、今ひとつでした。「How dare you,,,」の下りも、言葉の選び方が過激すぎたと個人的には感じました。この部分が有名になって、彼女のスピーチを初めて聞いた人たちに、アレルギー反応を与えたかもしれないと思います。いつもの彼女はとても冷静で説得力があります。だからこそ、世界中でここまで大きな運動となったのです。環境問題における貢献でノーベル平和賞を受賞したゴアよりもインパクトは大きいのでは。もうすぐ、ノーベル賞受賞者の発表がありますが、Gretaちゃんが是非平和賞を受賞してほしい、いいえ、受賞するに違いないと思っています。

しかし、環境問題って、政治や宗教、フェミニズムなどの議論と一緒で、ちょっと恐ろしい。意見の異なる人とは絶対に意見が一致することはないので、議論してはいけないんですね。彼女の後ろに暗躍する人物がいると信じている人が多いのには驚きました。彼女はまだ16歳ですから、わかっていないことも多いでしょう。だから、彼女は、自分ではないくて科学者の声を聞いてくれと言っています。

新しく環境大臣に就任した、今時の人、小泉進次郎。彼のFNでの発言や、記者会見での発言が幼稚すぎて、世界で失笑を買っています。環境問題はセクシーにって、ギャグ?一国の大臣の発言とは思えない恥ずかしさ。日本で彼がなぜ人気があるのか理解できません。そして、彼の失言を援護する人たちがいるんですね。他の人の発言をcitationした、とか弁解していますが、公人の立場で、世界に失笑されるような表現をすべきではないし、英語の表現も砕けすぎです。温暖化に対する具体策がまるでないのも、政治家としては片腹痛いとしか言いようがありません。「今日から日本は変わる。」って、どう変わるのか言えないでの発言は、まさにパフォーマンス。まあ、彼が有名なのは、スピーチだけで、政治家としての業績についてはクエッションマークであるというのが、良識ある人間の認識だと思っています。

とにかく、Gretaちゃんの出現で、より多くの人が環境問題に関心を持ち、一人一人ができる小さな努力を積み重ねるだけでも、地球にはプラスになるはずです。その意味で、彼女は偉大です。私も、常にエコバッグを持ち歩き、水筒を持ち歩き、歩けるところは歩いて、小さなエコ活動を行なっていきたいと思います。

保育園のときのお友達と再会!

保育園のときに仲良くしてくれたお友達と渋谷で再会!

彼女もハーフということもあり、親しみを持ってくれていました。

超美人のママに似て、この歳にして既にとってもキレイな女の子。

最初は恥ずかしがっていたけれど、すぐに打ち解けて雨の中を遊びました。

そのあと、子供達が見たがっていた、ハチ公を見に行きました。

渋谷の交差点。

「お母さん。どうしてこんなに人が沢山いるの?」

Sさん。Cちゃん。またの再会を楽しみにしていますー!

給食!

日本の学校といえば、楽しい給食の時間!

私が小学生の頃の好きなメニューは、カレーうどん、揚げパン、シチュー、それに、外国では大きな声では言えませんが、鯨の竜田揚げ?みたいなもの。当時はまだご飯はメニューにありませんでしたし、お箸ではなく、先割れスプーン。ああ、実に昭和の響き。お箸が使えなくなる児童が増えるから、廃止されたようです。息子はお箸が使えなかったため心配したのですが、給食で鍛えられるうちに、あっという間に上手になりました。

小学校の給食メニューを見ると、いろいろバラエテイーに富んでいて楽しい。今も変わらず、交替で給食当番をやります。息子は早くもお当番さんになったため、週末に、帽子と白衣を洗濯するために持って帰りました。スウェーデンでは食堂へ行って食べるし、スタッフもいるので、日本とは大きく違います。

1ヶ月の給食費は1年生は4148円。1食あたり244円で食べさせていただけるのはありがたいけれど、スウェーデンでは無料。やはり、こういう部分は無料化すべきなのではないかと思います。公立ですから、給食費が痛い出費の家庭もあるはず。

給食の後はお掃除もあります。自分たちで汚したのを自分たちで掃除するというのは理にかなっているし、躾や道徳的にも良いというのは、日本人の考え方か?スウェーデンでは子供達がお掃除をすることはありません。

1年生は5時限までですが、世田谷区には学童と、学童とは別のBOP(Base of playing)というシステムがあります。学童には手続きが間に合わなかったため、就労証明書なしに入ることができるBOPに終業後お願いすることにしました。学童と異なり費用はかかりませんが、おやつは出ません。子供達は最初はどうしておやつがもらえないのかわからず、悲しかったよう。そして、学童より早く17時で終了になります。通常はお迎えなく、子供達は1人で帰ります(心配性の私は、どうしても迎えにいってしまうのですが。)。沢山のボランテイアの先生がいて、中遊び、外遊び、また、お勉強の面倒を見てくれます。土曜日は基本的に学校はありませんが、BOPはあります。ランチは出ないため、12時から1時までは閉館、ランチを家で済ませてまた1時から預けることができるという、ありがたいシステムです。

双子7歳!

日本滞在中の7月3日。双子は7歳の誕生日を迎えました。

近所でケーキを買ってきて、みんなでお祝いしました。

7年前はこんなに小さかった。1.8 kg、40 cm強で生まれてきた双子。髪の毛が無いのが娘。

ほぼ同じ大きさで生まれてきた娘と息子ですが、今では、娘は120 cmで20 kg、息子は130 cmで30 kg。2歳以降は大きな病気もせずに育っています。

子育ては大変ですが、あと10年もすれば親元から離れていってしまうかもしれないと思えば、一緒に過ごす時間を大切にしたいなあと思います。

初めてのランドセル

今年の帰国は、子供達の小学校への体験入学が目的。

事前に、希望の公立小学校へは連絡をして、入学希望を伝えておきましたが、当然、住民登録をしなければいけないものだと思っていたら、住民登録をせずに、「一時帰国に伴う一時入学」というシステムがあるのだそう(どの地方自治体でも、という訳ではないのかもしれませんが)。そこで、支所ではなく、区役所の教育委員会へ行き、入学の手続きをしました。

幸い、制服ではないので、制服を買う必要はありませんが、帽子や体操着、水着、防災頭巾、上履きなど、購入するものが沢山あります。筆箱も、箱型のもの、下敷きも無地のもの、と条件が厳しい、、、。体操着や水着には、おきまりの白い布に名前を書いて縫い付けるという作業が、、、。

ランドセルは買うつもりはなかったのですが、甥のお古があったので、娘にはネットで中古の安いランドセルを見つけて(とても安くて、かつ綺麗だった!)買いました。ランドセルを背負うと、途端に日本の小学生に見えますー!

雨天で順延になっていた遠足にも参加できました。ちょっと胸キュンの井之頭公園!

スウェーデンでは、1年生が子供だけで通学するということはあり得ないので、学校まで一緒に行きます。校門には校長先生がいらっしゃり、子供達に声をかけています。また、アルバイトやボランテイアの方が交通整理をしてくれています。

学校は去年新築されたばかりで、プールが体育館の屋上にあります。しかも、深さが調節できるのです。

新しい経験に母もドキドキです。娘はお別れの時にグズグズ泣きましたが、息子は驚くほどしっかりしていて、さっさと1人で上履きに履き替え、教室に言ってくれるので助かります。娘の周りにお友達が寄ってきて、(一年生なりに)いろいろと話しかけてくれたのが嬉しかったです。

一年生は4クラスで、娘と息子は違うクラス。他のクラスにも、フランスから1ヶ月の予定で帰国している子がいました。どうなることやら。

日本の保育園(2018年)

今回の日本行きに備えて?と言ったら大げさですが、去年の1月から3ヶ月弱、日本に滞在していました。子供達は2重国籍を今は持っていますが、去年まで日本語は全く話せませんでした。日本人の母親である私の責任なのですが、仕事と子育ての両立だけで一杯一杯で、日本語教育までは全く手が回りませんでした。それでも、きっぱりと日本語教育を諦められずにおり、子供たちがまだ保育園で、自由にお休みできる時に日本に少し長期で帰って日本の保育園に通わせたいと思いました。私も職場で生き残り競争をしているところでもあり、長期の休暇を取りたくはなかったのですが、これも子供のため。ほとんど使っていなかった育児休暇を取ることにしました。多少でも手当てがいただけるのはありがたいことです。

ストックホルム、アーランダ空港でパパとしばしの別れ。

お世話になった先はこちら。

両親の住む世田谷区は、待機児童が多く保育園は激戦。保育園の空きはありません。住所を借りられるつてのあった渋谷区は、複数の空きがありました。その中でも、伝統があり広い園庭のあるこちらにお願いすることにしました。奇跡的に、子供達の4歳児クラスには欠員があったのです。

最寄りの駅は、、、。

Diorのビルや表参道ヒルズがご近所。

ストックホルムからきた田舎者たちは、完全にお上りさん。

広い園庭には、プールまであります。古い建物ですが、屋内は綺麗に手入れがされています。

こちらの広間で皆んなでお昼寝。以前はパジャマに着替えていたそうですが、震災以降、すぐに避難できるようにと、ランチのあと、新しい洋服に着替えてから服のままで寝ることになったのだそうです(私も、それ以降、次の日の洋服で寝せるようにしました)。

今日のご飯の見本が陳列されています。

それぞれのクラスで皆んなでランチ。

季節折々の行事も素晴らしい。

子供達も正座してお茶をいただきます。

古い保育園らしく、まだこんな和式のトイレもありました。

雪が降れば園庭で雪遊び。

スウェーデンに戻る時には桜が満開でした。

渋谷保育園の園長先生がとても素晴らしい方。そして、他の先生方を始め、職員の方々が、本当に親切で、子供達にとっても、私にとっても恵まれた園生活を送ることができました。お別れする時には、とても悲しくて、涙がこぼれました。

しかし、この保育園生活でも、日本語の進歩はそれほどありませんでしたが、おそらく、この日本での経験がなければ、補習校に通うことを諦めていたと思います。

私は、毎朝、満員電車で子供達を連れて保育園まで送りました。夕方は5時ごろに迎えに行きましたが、表参道があれほど混雑しているとは知りませんでした。

息子が良く、「どうして日本にはこんなに人が多いの?」と聞いてきたものでした。

子供の教育というのは、親の犠牲があってこそだということをつくづく感じました。スウェーデンに戻ってみたら、私にとってさらに職場の状況は過酷なものになっていたし、去年はまさに激動の一年でした。いや、一昨年は、夫が死にそうになったこともあり、もっと大変だった。いつになったら少し楽になるんだろう、、。

子供達の夏休み!

3ヶ月近い子供達の夏休み。私が働いているときは、所謂、学童のようなところに行ってもらいます。

そして今年は、、、。

行ってきまーす!

最短のヘルシンキ航空でも、ヘルシンキから9時間から10時間かかります。

無事着陸!

0年生終了!

小学校(grundskolan)の0年生(förskolklass)が終了しました。8月から始まる新学期から1年生になります!

おめでとう!

ストックホルムミニマラソン

ストックホルムマラソンのあとに行われる、子供対象のミニマラソンに参加しました。

スタートの前には、みんなで準備体操。

年齢と性別毎に別々のスタートです。

ゴールは、ストックホルムスタジアム。かつてのオリンピックスタジアムです。

2人とも無事完走してメダルをもらいました。

帰りに、スウェーデンではお約束の、ホットドッグを食べました。

補習校の運動会

補習校の一学期が終わり、そのあとに行われた運動会。

日本の小学校のように、かけっこや、リレー、玉入れに綱引きと、いろいろな競技がありました。

娘はかけっこが得意。

息子はマイペース。

綱引きに。

玉入れ。

しかし、一番感動したのが、、、。

一年生も参加した800メートル走。息子は、スタートで転んで負傷。スタート地点で泣いていたので迎えに行きました。

「お母さんと一緒に走る?」

と、ダメ元で聞いたら、何と、

「走る。」

というではないですか。

そのまま手を繋いで母と走る息子。観客も、息子が泣いて諦めるかと思っていたらしく、走り始めた息子に大きな声援をくれました!

1周目を走り終わり、2周目はもう走らないと言うかと思ったら、頑張ると。



そうこうしているうちに、ビリっこのお友達に追いつき追い越し、もう1人追い越し、ゴールが近くなったところで、もう1人追いつきそうになりました。

「もう1人抜かせるかも。」と母が言うと、息子は母の手をいきなり振り払って、1人で猛ダッシュ。

何だか泣けましたー。

「あきらめない」ことを少しは学んでくれたかな。