Visits

Online: 1
Today: 69
Week: 69
Overall: 3310149

Flag counter

free counters

ファーストアドベント

12月の第一日曜日はファーストアドベントでした。

私はオンコールのため、朝から病院で回診。

旧病院から新病院への地下通路では、朝からロボットが働いています。

家では子供達が父親とLusse Katというこの時期に作られるサフランパンを製作。

夕方には近くの教会でミニコンサート。子供達も合唱団に加わります。

今年も残り少し。12月はどこでも慌ただしく過ぎてゆきます。まさに師走。

本庶先生祝賀レセプション




今日は、在スウェーデン日本大使ホストのレセプションに行って参りました。

日本人ノーベル賞受賞者が出た年には招待状をいただいているのですが、通常は平日のランチどきであるため参加したことがありませんでした。今回は週末だったため参加してみました。

日本大使は着任したばかりの廣木大使。大使による紹介があり、

本庶先生のご挨拶がありました。とても分かりやすい英語でした。通常、受賞の電話連絡は日本時間の午後4時ごろであると聞いていて、4時を過ぎても連絡がなかったため、ラボのミーテイングをしていたところ、午後5時ごろに審査委員会事務局長から受賞の電話があった。間違い電話かもしれないと疑っていたところ、同じ内容のメールが届いたので、ラボ中で喜んだというエピソードを披露していらっしゃいました。

会場は、受賞者が宿泊するグランドホテル。金ピカの豪華な広間です。お食事も立食ですが豪華でした。

先生の発見から開発された免疫チェック阻害剤が有効な膀胱癌の外科治療をしていることを含め、簡単に自己紹介をして、一緒に写真を撮っていただきました

日本ではなかなかこのような機会はありませんが、スウェーデンに住んでいる役得とも言えるかもしれません。

帰りに街の中心のセルゲル広場を通りかかったら、いつもながら美しいクリスマスの装飾がされていました。

パパ達大活躍

この日は、年内の最後のサッカーの練習でした。

スウェーデンでは、父親の育児参加は当たり前ですが、サッカーの練習の付き添いは、ほとんどパパ。

大男達が座って、揃って携帯をチェックしている様子は、なかなかのものです。

習い事はいいけれど、送り迎えが大変なんですよね。

論文がNatureで紹介されました!

最新号のNatureに、Transparent tissues bring biology into focusという記事が掲載されました。

これは、その記事の冒頭で紹介された写真。8週の人間の胎児ですが、組織が透明化された上で、末梢神経が緑色に標識された3D画像です。透明化することで、詳細な3D画像が構築できます。

 

この組織の透明化のテクニックの大御所がKarl Deisserothという、スタンフォード大学の神経生理学者なのですが、私たちの論文 は彼との共同研究でもあり、彼が始めた透明化の手法の変法を用いて、人間の組織を観察した研究です。

Natureの記事に、このような紹介文がのていますが、3DISCOというのが我々の手法の略称です。臨床の場では、今もなお、HE染色が主に使われ、診断の困難な症例では、様々な免疫染色が並行して用いられるのが通常です。また、これらは全て2Dになります。私の専門とする膀胱癌では、最初の外科的治療である経尿道的膀胱腫瘍切除術の切除検体で、筋層浸潤の有無の判定が、しばしば困難です。その判定によりその後の治療計画が全く異なるため、非常に重要な診断なのですが、underdiagnos、つまり、筋層浸潤があるのに表在性だと診断されれば過少治療となり手遅れになりかねません。実際に、表在性だと診断され、BCGの膀胱内注入を受けている間に、あっという間に転移が出て来たという例を少なからず経験しています。

 

基礎的研究と臨床に関わるものとしては、基礎的研究の結果が臨床で使われるようになることが夢です。

今年のノーベル賞を受賞された本庶先生は、来週の授賞式を控え明日ストックホルムに到着されるようですが、最初の発見から受賞まで約30年を要しました。それでも、臨床応用されるまでは早かったと言えるでしょうし、研究者としては研究結果が多くの患者さんの命を救うということは、最大の喜びに違いありません。カロリンスカでのレセプションや大使館主催のレセプションに招待されているので、どこかでお目にかかれたらいいなあ。

Anders Palmérの絵がまた仲間入り

スウェーデンの画家、Anders Palmérは私のお気に入り。彼は、田園風景とストックホルムの都市をモチーフにして絵を書いています。田園風景は2、3枚持っているのですが、都市モチーフはなかなか気にいる物に出会いませんでした。

 

この度、オークションで出品されていたこの作品。ストックホルムでもっとも値段の高いアパートが並ぶ、Strandvägenをモチーフにしたものです。

 

やはり、競争相手が複数いたこともあり、考えていた値段を大幅に上回ってしまいましたが落札に成功。

142×110 cmとかなり大きな油絵です。照明を絵に合うように調節する必要がありますが、無事に我が家の壁におさまりました。

 

うっとり。嬉しい!

アートはお部屋をグレードアップしてくれるし、心にも豊かさを与えてくれます。

零下の日

先日、最高気温が零下になりました。

その週末はオンコールではありませんでしたが、術後、麻痺性イレウスが遷延している患者さんがいたので、娘を連れて診察に出かけました。私が診察している間、病棟のランチルームで座って待つ娘。

いつも、病棟スタッフに優しくしてもらっているので、一緒に病院に来たがります。

その後、しばらくご無沙汰しているサマーハウスの様子見に。

キリッと晴れた空に、少し雪が積もった庭。

息子画伯がまた絵を書いてくれました。

サンタさんへのお願い

今年も師走。

師走といえば、子供達が心待ちにしているクリスマス。

 

娘と息子、黙って真剣に何かを書いていると思ったら、、、。

 

何と、サンタさんへのプレゼントのリクエストでした。

Önskelista:wish list

En Lego som är radiostyd. ラジコン操作のできるレゴ。

Leksak som skjuter pistol. 打てるオモチャのピストル。

これが息子から。

娘からは、、。

Riktigt fjärrkontroll. 本当のリモコン

Långärmad tröjan kan ändra. 絵が変わる長袖シャツ。

絵が変わるのは、このように擦るとデザインが変わるというもので、シャツの次にも、帽子、リュックサック、クッション、靴、と全て擦ると変わるものが並んでます。

最近、言うことを聞かないと、「サンタさんが来ないよ。」とつい、脅しをかけてしまう母なのであります、、、。

続・女性泌尿器科医の会

ストレスに関する講義は続きます。

医療者のストレスに関して、傷病休暇取得の状態についてなどの話がありました。

ストレスがあると、当然、ストレスホルモン(ステロイド)の分泌が高まります。長期的には、心血管系疾患などのリスクが高まることになります。日本でも、若い人の過労による突然死が増えている印象ですが、おそらく心血管系の発作によるものではないでしょうか。

 

ストレスにより働けない状態になるまでには、かなりの時間を要します。個人差もあります。また、一度そのような状態になってしまったら、そこから回復するにはさらにそれ以上の時間がかかります。

クラッシュする前に、些細な症状を危険信号と捉えて対策をたてることが大切。

痛み、消化器症状、睡眠障害、エネルギーがなくなる、記憶障害、罪悪感、幸福感の喪失、デプレッション、、、。

自身がデプレッションに陥った精神科の女性医師の本の紹介がありました。時間があったら読みたい。

しかし、私もそうですが、仕事というのはストレスから身を守るものでもあるんですね。職場での闘いの中で、「仕事を投げ出してしまいたい。」と思うことも度々でしたが、「仕事を休むことは、相手だけにではなく、自分に負けること。」という意識が強くあり、逆に、「体調が悪くても休まないぞ。」と考えていました。しかし、本当は、クラッシュするときには、前触れなくいきなりくるのかもしれません。

ストレスを感じやすい人間の典型的な例かも。この漫画、笑えます。

 

 

サウナの後に夕食になりましたが、今年はなかなか美味しかったです。

卵の黄身のフライ。

 

ユッケ。フォアグラなどがふりかけられてます。

何の魚だったか忘れてしまいました。赤カブが飾られています。ブロッコリー4分の1がグリルされてドカーンと。シャンパンソースと共に。

ショコラードフォンダンは一口味見しましたが、お腹いっぱいでギブアップ。

いつもながら、スウェーデンらしくクラシカルな可愛いお部屋でした。

 

 

スウェーデン女性泌尿器科医の会

毎年恒例行事で、スウェーデンの女性泌尿器会が集まる会が行われたので参加してきました。場所はKrägga Herrgård。メーラレン湖沿いの美しい場所で、ストックホルムから車で40分くらい。

 

その日から最高気温も零下という、本格的な寒さもやってきました。

この会は、木曜日のランチから始まり、午後は講演会、その後、皆でサウナに入りながらビールを飲みます。このサウナはメーラレン湖の上に建てらていて、床板を外すと湖にドボンと潜ることができます。暑くなったら湖にドボン。そしてまた暖まる。北欧の醍醐味ですねー。湖の上にある小さな小屋がサウナです。側には、屋外ジャグジーもあり、この日は晴天だったため、満点の星を眺めながらジャグジーに浸かり、ガールズトークを楽しみました。

初日の講演は、御歳80歳になる精神科の女性名誉教授による「ストレス」について。

何と、ミニスカートで登場。エネルギーに満ち溢れていて、最新の研究も網羅していて素晴らしい。話も上手。

ストレスという概念は、歴史的にいつ頃から存在したのか、という話から。


 

この、Turistという映画、観てみたい。

 

グーグルでストレスという言葉を検索すると、年代的にこのような推移になるのだとか。近代、現代における人間の反応なんでしょうね。

社会が近代化し、家にいるべき女性が高い教育を受けるようになってからの現象。という記述が論文にあるそうで、大爆笑。

ストレスに続いて、バーンアウト症候群についての講義。

1800年代から現在まで、いろいろな名前がつけられているそうです。国際的に統一された名前はないのだとか。スウェーデン語では、utmattningssyndromと言います。

長くなるので続きは次の回に。

 

サッカーの女の子チームの練習が始まりました。

これからスウェーデンは本格的な冬を迎えます。

6歳チームのサッカーの練習は屋内になりました。いろいろな小学校の体育館を借りての練習です。

それに伴って、希望者の女の子は、女子だけの練習に参加できることになりました。

この日、娘は、最初に混合チームの練習に参加した後、女子チームの練習にも参加。

女の子だけだと、雰囲気も違います。

娘、ゴールキーパーデビュー!

1人、すごーく上手な子がいて、常にボールをキープしてゴールを決めていました。きっと、お兄ちゃんがいて、一緒に練習しているんだろうなあ。

娘は、これからは、女の子チームで練習したいと言っています。送り迎えが2回に増えるけれど、やはり、女の子は女の子チームがいいのかも。