Visits

Online: 2
Today: 772
Week: 1942
Overall: 2786335

Flag counter

free counters

カールフィリップ王子の結婚式

昨日は、スウェーデン王室カールフィリップ王子の結婚式でした。お相手はダーラナ地方出身のごく普通の家庭のお嬢さん、ソフィア。王子の以前の彼女は名家の出で、国王も気に入っていたようですが、ソフィアに関しては反対だということは、しばしばマスコミが報道していました。しかし、その理由はソフィアが庶民であるということではなく、他の理由であったらしいのですが、その点は次の記事に譲るとして、今回は結婚式について。

多くのスウェーデン国民と同様、私もカールフィリップにはあまり興味がないので、ファッション中心になると思います。

 

結婚式前のプレパーティーでの新郎新婦。ソフィアのアイスブルーのドレス、とっても素敵です。

29924AE800000578-3121598-Engaged_Sofia_Hellqvist_30_will_marry_Sweden_s_Prince_Carl_Phili-a-31_1434133268212

ソフィアは3人姉妹の真ん中なのですが、ソフィアの姉妹たち。

2992DFC800000578-3121598-Sweden_s_answer_to_Pippa_Middleton_Sofia_s_sisters_Vater_Erik_le-a-39_1434133268316

 

結婚式では、ビクトリアと同様に、半分を父親と歩き、その後の半分を新郎と歩くスタイルを選びました。今回のフローリストのセンス、とても可愛いです。

 

 

 

11eb2e44-dc7a-4a0f-b4bd-4eee57b1eea9

フラワーガールの中央は、ビクトリアの長女のエステル王女。うちの双子と同じ年なのですが、髪の毛ふさふさで可愛いです。

3b8bcc7a-e10f-4d5d-83d8-3d8d1d241ade

高円宮妃がビクトリア皇太子の後ろにいらっしゃるのがみえます。

2997568700000578-0-image-a-102_1434208093650

433ae019-f542-447a-b1f5-b22b8a21a0ca

 

Swedish-Royal-Wedding

王宮内の教会の前でのキス。

a40ae5bd-83fc-4d6a-8b67-35b4d5a25cea

お決まりのパレード。

29979D7F00000578-3122810-image-m-180_1434210937746そして、国民の前でのロイヤルキス。

Swedish-Royal-Wedding (2)その後のパーテイーで。

047b5192-0c2e-4572-9b82-bbe49ed5fafc

01a971d1-2dfe-4fc3-b8cb-e162e750183d

国王夫妻。

29974ED600000578-0-image-m-120_1434208631121

ビクトリア皇太子夫妻。

2997465400000578-0-image-m-117_1434208535660

臨月のマデレーン王女と夫のクリス。

29974C4D00000578-0-image-a-121_1434208738544

私の最も好きな、デンマーク皇太子妃マリー。

Swedish-Royal-Wedding (4)

不思議な魅力のノルウェー皇太子妃。

299759E900000578-3122810-image-a-78_1434216914887

高円宮妃。

2997589F00000578-3122810-image-m-160_1434209857316

今回は、女性が一人での参加も目立ちました。

この方も私は大好き。オランダのマキシマ妃。今回のドレスは、一番私好み。

2997519B00000578-0-image-m-140_1434209249082

やっぱり、エステル王女、可愛い!

2997D9CA00000578-3122810-image-a-52_1434216262810

末長く、お幸せに〜!

ノーベル賞晩餐会

ノーベル賞シリーズもこれが最後です。

授賞式終了後、バスに分乗して晩餐会会場のストックホルム市庁舎へ。

招待状には、名前だけでなく、バーコードもついています。招待状と身分証明書をスキャンして入場。会場には、70ページ弱の小冊子が積んであります。

2014-12-25 12.49.52この小冊子が座席表。

最初のページは、ノーベル財団の招待客。王族と受賞者です。今年初めて、マデレーン王女の夫、クリスと、カールフィリップ王子のフィアンセ、ソフィアが出席しました。

2014-12-25 12.49.31

最後のページには、テーブル配置。

2014-12-25 12.50.16

招待客の名前はアルファベット順に並んでおり、テーブル番号と席番号がわかるようになっています。

2014-12-25 12.51.11

タイトルのある人は、タイトルとともに。私は赤崎先生とその家族、天野先生の家族、そして化学賞のHell教授の家族と同じテーブルになりました。

2014-12-10 18.58.06

2014-12-25 12.52.17

右下が王様、右隣に生理・医学賞のMoser教授(妻)、ダニエル王子、ダニエル王子の右隣は、Hell教授の妻で、彼女も教授。前回の記事で述べたように、夫妻ともに教授や、妻が准教授や博士などのタイトルを持っているカップルが多いのには驚かされます。日本では、成功する夫の伴侶は専業主婦が多いはず。

 

オナーテーブル以外の招待客が着席し、王族ほかオナーテーブルの招待客が2階からの階段から入場します。夫妻ではないペアの男女で入場しますが、婚約中のカールフィリップ王子は例外。

2014-12-10 19.06.42

kungen

マデレーン王女はHell教授と。マデレーンのドレス、好みです。

 

madde2

婚約中のカールフィリップ王子とソフィア。彼女は刺青を入れていたようですが、婚約に際して密かに手術して消したという噂。

sofia

こちらは、晩餐会前後に撮影されたシルビア王妃、マデレーン王女と、Hell教授夫妻と3人の子供達。9歳の双子の男の子と、5歳の女の子。この子達の隣に私は座りました。

ta12fc3c-jpgsvt

ノーベル財団理事長と国王による2回の乾杯でシャンパンを味わいます。

この晩餐会では、王族や著名人のファッションが注目を集めますが、ビクトリアの真紅のドレス。本来サッシュは直に皮膚に触れてはいけないのだそうで、彼女のオフショルダーのドレスは、そのルールに抵触するとかで、批判がありましたが、美しかったです。

vickan

ソフィアのドレスも良かったです。女性でも胸の谷間が気になります、、、。

original

ジャーナリストがいろいろな人にインタビューしていましたが、一人だけ振袖を着ていた天野先生のお嬢様が英語でインタビューされていました。

2014-12-10 20.52.48-1

そして、Hell教授の双子。インタビュアーのEbbaは王室御用達?のジャーナリストとして良く知られています。

2014-12-10 22.04.35

双子の5歳の妹。彼女は最も若い招待客だったに違いありません。

2014-12-10 22.18.47-1

化学賞の代表挨拶はHell教授でしたが、まだ英語のわからないHell教授の子供達は、どんな気持ちでパパを見つめていたのかしら。

2014-12-10 22.26.42

シャンパンでホロ酔い加減の私です。

2014-12-10 21.21.01

 

会場にはスウェーデンの各大学の旗が集められていて、学生が旗手を務めています。テーブルから2階を見上げたところですが、美しいですね。

2014-12-10 22.30.59

アトラクションも、お食事も、招待客同士の会話も、全てが特別で、私も楽しむことができました。

次の日の大手術がなければ、ダンスにも参加したのですが、王族が退席してすぐ私も会場をあとにしました。

ノーベル賞授賞式

ノーベル授賞式の日を、振り返りたいと思います。写真は、iPhoneでの撮影がさほど綺麗でなかったため、新聞などから拝借。

招待されるとは思っていなかったので、当日午前中は外来診療が既に入っていました。外来診療を済ませて帰宅。また、着用予定だったドレスはネットでオーダーしていましたが、結局間に合わなかったため、手持ちのドレスの中から急遽選ぶことになりました。ドレスコードは、女性はイブニングドレス、男性は燕尾服と決まっています。 私のドレスは、プレーンな黒のロングドレスだったため、大きめのバロック真珠のネックレスとお揃いのピアス、真珠のリングと、普段は使えない大きめダイヤのリング、大好きなカルチェのドレスウオッチを合わせました。

生憎の小雨模様、コンサートホールは美しくライトアップされて、リムジンが並んでいます。青いナンバープレートは外交官プレート、その中でも、1Aで終わるものは、各国大使のナンバーです。大使に限り、コンサートホール前に駐車でき、コンサートホールの周辺の車の進入は完全に閉鎖されます。

konsert

授賞式は何回も出席していますが、今回は初めて舞台近くの席に着席しました。

通常、王族メンバーは全て壇上に座るのですが、今年は国王、王妃、皇太子ビクトリアとダニエル王子の4人だけで、カールフィリップ王子とフィアンセのソフィア、マデレーン王女と夫のクリスは壇下の最前列に座りました。

pris

original copy

ビクトリアの真紅のドレスはとても素敵でした。しかし、エキスパートからクレームがついたとか。この点は後ほど。随分、痩せてしまっていて(実物はもっと痩せて見えました)少々心配になりました。

nobelpriset-victoria

日本から受賞の物理学賞の3氏については、すでに良く知られているため省略。

カロリンスカに選考委員会のある生理・医学賞は、脳に存在するGPS細胞の発見に。

ノルウェーから、Moser夫妻。

3422082_2048_1152

彼らは大学時代の同級生。かれこれ30年一緒にいるそうです。写真は若き日の夫妻。

3449501_1772_994svradio

3449460_1763_989svradio

Nobelpristagare

141104

彼らのラボには100人以上のメンバーがおり、受賞の知らせに大喜び。

3423622_2048_1151

彼らには医学部に通う二人の娘がいます。

3449466_2046_1151svradio

授賞式には、ニューロンをイメージした大胆な模様の入ったドレスで。

am-may-britt-moser-awardnobelstif

大学の同級生が、仕事でも家庭でも同志として30年、愛の結晶はノーベル賞と二人の娘。こんな幸運はまずあり得ませんね。

化学賞は、次の3人。

3423090_2048_1123svradio

ペア受賞ではありませんが、右手のBetzig氏の妻は、彼のリサーチグループで働く研究者Na Ji

Betzig and Na janelia

1676893-prix-nobel-de-chimie-eric-betzig-et-na-950x0-1

晩餐会の席順は小冊子に印刷されているのですが、名前とタイトルが記載されています。日本からの受賞者のパートナーはタイトルなし(妻という記載のみ)なのですが、海外の受賞者や、招待客は夫婦ともにタイトルがある場合が多く、日本では未だに男の成功の陰には家庭を支える妻が必要なのだなと感じました。ちなみに、晩餐会では各賞から代表で一人ずつ挨拶があるのですが、物理賞は中村先生でした。そして彼のスピーチの中で、「Thank you for letting me work hard」という言葉が、会社や同僚、家族に対して投げかけられ、聴衆の笑いを誘っていました。きっと、非常に日本的で、殊に、プライベートを大切にするスウェーデン人には、理解できないと思いました。

授賞式のあとは、晩餐会の一般招待客は青いSLバスに分乗して市庁舎へ向かいました。

Royal wedding

新婦が選んだドレス(HovetのHPより)。Valentinoのものだそうです。20130608-Valentino_507式では左右対称に見えたショルダー部分ですが、その後にオフショルダーでお召しになっていて、その変化も素敵でした。個人的には、Victoriaのドレスの方がシンプルで好みですが。

ブーケはこちら。

20130608-Brudbukett

とても素敵ですが、もう少しグリーンがあると、ドレスに映えたかも。

皇太子ビクトリアとプリンスダニエルは、エステル王女とともに式へ。

0Bj64cQRE2PJlK5qJMYV9QAsUd7

8HbuVnDKym7LfUDsX1FHhoUW5EZ

estelle-7_1044860destelle-1_1044852d

ママとパパからのキス!

QKZK8tcHqSSW2JA4zHZLBpKNi2d

Estelle-6_1044862d

やはり、一歳児には辛い結婚式。ビクトリアのスピーチでは我慢できず、パパがママの傍へ連れて行きます。

estelle-3_1044858d

 

わが子と同い年なので、ついついエステル王女に目が行きます。ということで、ゲストのファッションは次へ。

Marimekkoデザイナーによる盗作

Metsänväkiは2007年から発売されているMarimekkoの人気のデザイン。

metsanvaki

色違いで作られたクッションカバーも素敵。

5702994084_82a4eef684_zb

フィンエアーは、Marimekkoとのコラボレーションで、Marimekkoのデザインを配した機体がアジアやニューヨークへ飛んでいますが、最新作はこのデザイン。

flygplan650b

 

デザイナーは、Kristina Isolaで、1960年代からMarimekkoで働いています。Marimekkoの有名すぎるデザイン、UnikkoのデザイナーであるMaija Isolaは、彼女の母親なのだそうです。

 

Metsänväkiが、実は、ウクライナのデザイナーであるMaria Primatšenkosが、1963年に製作したものに酷似していることから、今回の盗作が発覚しました。

marimekko_wb

左がオリジナル。右がMarimekkoのもの。

既に本人も盗作を認めており、「どうしてこんなことをしたのか、自分でもわからない。」とした上で、謝罪しています。

フィンエアーも機体の塗り替えを予定していますし、もう店頭では、この生地を買うことはできないのでしょうけれど、好きなデザインだっただけに惜しまれます。

 

話題は変わりますが、先日、ストックホルムのMarimekkoが改装セールをやっていましたが、そちらでの戦利品。

Unikko柄を含めたボディーの2枚セット。半額で!

2013-05-29 18.48.44b

 

子供のものが沢山入りそうで、かつ、青の色が素敵な、とても大きなバッグ。ツーウェーなのも嬉しい。しかも布バッグは軽いから、体にも優しいのです。40%オフで、お財布にも優しい!

2013-05-31 09.07.47b

子供が生まれてからというものの、子供のものしか買っていないような気が、、、。今回のバッグは、兼用ということで!ストックホルムのMarimekkoは夏至祭あとにリニューアルオープンだそうです。

ノーベル賞授賞式

昨日、12月10日は、Nobel Dagen。ノーベル賞授賞式、および、晩餐会が行われました。

今年は、日本のホープ、山中先生が医学・生理学賞を受賞なさったということもあり、コンサートホールで行われた授賞式に行って参りました。

 

事前に届く、バーコード入りの招待状と、IDが必要。ドレスコードは正装。

幸い、昨日は暖かく、3度くらいの気温で助かりました。会場であるコンサートホールに早めに到着したため、扉が開くまで少し待ちました。普段は屋外市場で賑わうこの広場も、VIPの駐車場や、タクシーやリムジンで到着するゲストの車寄せのために、警官の警備のもと空になっています。お手伝いの学生さんたちが待ち構えています。

向かって右手前にロイヤル・ファミリー、左手前の赤い椅子は、ノーベル賞受賞者用。

腰の悪いシルビア王妃の椅子には、クッションが。

中央には、スウェーデンの国旗と、平和賞を担当しているノルウエーの国旗がデザインされた、今年の年号とノーベルの肖像。

山中先生のお嬢様方は、早めにご着席。華やかな振袖がとても素敵です。お二人とも医学生とか。

山中先生の奥様はオレンジ色の素敵なお着物です。SVT(スウェーデン国営テレビ)は、この日のベストドレッサーは山中夫人と報道していました。とてもエレガントでもあると。山中夫人ご自身、皮膚科医だそうです。

当然のことながら、殆ど満席。

去年は欠席だったMadeleine王女も今年は出席。

個人的にはシルビア王妃のドレスが素敵だと思いました。

去年は妊娠中だったビクトリア。グリーンのドレスにあわせて、エメラルドのネックレス。彼女のドレスも素敵。

物理学賞、化学賞、医学・生理学賞、文学賞、経済学賞の順に、国王からメダルが授与されます。

山中先生と医学・生理学賞を共同受賞したDr Gurdonは、名門Eaton校に学びますが、15歳のとき、生物の先生にこき下ろされたことは、有名な逸話です(記事)。その先生はおそらくご存命でないのは、せめてもの幸い?

gurdon


山中先生が国王からメダルを。

私にとって、医学・生理学賞、そして化学賞は馴染みが深いですが、今年は、化学賞も、「Gタンパク受容体」で、これは、医学・生理学賞に選ばれてもおかしくないほど、すでに臨床応用もされている、素晴らしい発見です。

 

 

今年はオーケストラのみの演奏でしたが、音楽も素晴しく、晴れの一時を堪能しました。

 

最後にこっそり。

前回帰国したときに、妹とお揃いで買った、お気に入りのミンクのボレロをプレーンな黒のロングドレスに合わせました。

 

Gap小僧たち

今日の写真撮影は、お気に入りのbaby Gapのロゴ入りパーカーで。

一人ずつ撮影!

親父頭の「あたし」はちょっと頭を隠してみて、、、。

やはり、頭を隠した方が可愛いみたい。早く髪の毛が生えてこないかしら、、、。

春色ワンピースで、カフェへふらっと

今日の気温は10度くらいまで上がりました。重い話題が多くて疲れてしまっているので、軽い話題を。

今週末は友人の子供たちを預かっているため、賑やかです。

子供たちを連れて、たまに訪れるお気に入りのカフェへ行ってきました。南のIKEAの傍にある、草花、木を売るお店に併設されているオーガニックカフェ、ZETAです。

気温も高いので、春らしいワンピースで。

 

2,3年前のESPRITのコットンのワンピースに、今季のOdd mollyのコットンのロングカーデガン。この色、チェリーピンクというらしいのですが、フュ-シャピンクを少し暗くしたような素敵な色で、私のお気に入りの色です。バッグは同系色で、Longchamp。

 

少し前に、病院でやっていたアクセサリー市で購入した、シルバーの指輪。

 

外科医である以上、爪は伸ばせませんし、マニキュアは勿論ご法度。爪が1ミリメートルでも伸びると、むずむずするので、まめにカットします。そんな手にぴったりな、大振りで大胆なデザイン。

 

カフェに飾られた素敵な花。真似してみたいアレンジです。

カフェの庭で、今年初めての花を見つけました。

春は着実にやってきているようです。

 

私も落ち込んでいないで、元気を出さないと!