Visits

Online: 1
Today: 562
Week: 4843
Overall: 3649054

Flag counter

free counters

優しさ、思いやり、心遣い。弱者強者両方向。

ご存知のように、夫は脊損患者ですので車椅子での生活です。

同じ車椅子で外出するし、その車椅子で室内にも入ります。外履きからスリッパに履き替えるという訳には行きません。

一緒に生活をするようになった時、特に日本人の私にとっては、それに違和感がないと言ったら嘘になります。今は、帰宅したらタオルで車輪を拭くようにしていますが、、、。

お呼ばれの時はやはりどうしても気になります。日本にやってきて、妹や親の家へ入る時。その時もタオルをお願いします。家族はあまりコメントしませんでしたが、きっと私と同じように違和感を持った(持っている)に違いありません。

知人の話。脳梗塞後で足元が不確かな高齢者が、実家から独立したばかりの孫のアパートを訪問しました。外出時は杖が手放せないため、アパートの中にも杖を持って入りました。孫はそれに反応し、「(汚いから)杖は中でつかないで。」と言ったそうです。何と冷たい言葉でしょう。彼女か彼氏の言葉だったら、その一言だけでアウト。

杖に比べたら、車椅子はさらに不潔に違いありません。それでも、車椅子がなければ移動は不可能です。弱者になって見なければわからないことがあることは確かです。しかし、少し考えれば(いえ、考えなくても)「杖は中でつかないで。」という言葉に、優しさや思いやりが全くないのは明らか。同時に、弱者である夫が上手に生きてゆくためには、弱者なりの心遣いが必要なのかもしれません。今後、夫がお呼ばれするときには、車輪を拭くためのタオルをできる限り用意しようと思います。思いやりは、強者から弱者だけではなく、弱者からも示すべきなのでしょう。

日本とスウェーデンを比べると、日本は多様性を認めたがらない社会だと感じます。表面下の差別も実は沢山あります。社会不安や厳しい労働条件などからくるストレスがヘイトとして吐き出されているような気もします。オリンピックを控え、日本が、より開かれた優しい社会になりますように。

ileal ureter interposition

スウェーデンで働くようになって、日本では見なかったような大手術を見ることがあります。一緒に働くことの多い、下部消化器外科は、再発癌に対してしつこく外科的切除をしますし、HIPECもかなりやっています。婦人科も同様。肉腫グループに至っては、hemipelvectomy(両足切除含め)などもやります。

ですから、回腸導管や、尿管の膀胱への吻合くらいは、各科でやってしまうことが多いのですが、複雑な尿路再建になると声がかかります。事前に話があることもありますが、緊急に呼ばれることも少なくありません。

泌尿器科では、ほとんどの医師がロボット手術しかしないため、開腹手術でかつ高難度の手術ができる人は、ほとんどいません。そしてそれは、先夏に大騒動を起こした男女差別をするイラン人と、私。ちなみに、先夏以来、彼は挨拶もしません。

最近も、緊急に何回も呼ばれ、ileal ureter interpositionを執刀しました。日本では見たことがありませんでした。

巨大な腫瘍や、周辺臓器に浸潤するような腫瘍を切除する場合、膀胱や尿管を合併切除しなければならないことがあります。その時に、症例に合わせて尿路の再建をするのです。膀胱に尿管を直接吻合するのが一番簡単ですが、尿管の長さが足りない場合には、膀胱の一部を尿管とするボアリ法が有名です。膀胱容量が少なかったり、それでは長さが足りない場合には、小腸を使って再建します。また、小腸もそのまま使ったり、Yang Monti管といって、小腸を開いてそれを90度違う方向で管として縫い直すことにより、短い小腸から長い管を作って再建するなどの、様々な方法があります。

しかも、尿管として用いる小腸には血管が付いていますから、それを大腸の腸間膜のどちら側に引き抜いたら良いのかなどの判断をしなければならず、複雑な手術です。膀胱全摘などよりも、ずっと難しいのではないかなあと思います。

先日、肉腫チームのオペに呼ばれて手伝いに言ったら、「こんな風に再建ができるなら、今度からもっとお願いしたいなあ。これまで、尿管が短くなったら腎臓も切除してたんだ。」と言われました。正常に機能している腎臓を捨ててしまうのは勿体ない。

夏休みが迫っているこの時期も、直接電話がかかってきてオペの手伝いの予約が入ります。「Ayakoにお願いしたいから、何とか時間を開けて。」と頼まれるのですが、外来をキャンセルしたりしてリスケしなければならないので大変。本来は、若い先生に教えて、再建手術のできる術者を増やさなければならないのですが、それも大変。

機能再建は実に奥が深い。癌の手術は、取るだけ。あとで再発したりしても、癌のせいにできます。対して、機能再建は、その名の通り、機能しなければならない。先日、脊損患者さんの膀胱拡大術(これも小腸を使う)と腹部に膀胱にカテーテルを挿入して導尿する管を作る手術をしました。導尿用の管は、Yang Montiで作成したり、盲腸を使ったりします。オペ後に、導尿がちゃんとできて、漏れもないと患者さんから報告してもらった時の嬉しさといったら!

外科医は辛いけれど、天職かなあと思います。

超過勤務は当たり前で、子供達のお迎えには、私はまず行けないので、行ってくれる夫にも感謝。

da Vinci Xi 初体験!

カロリンスカ大学病院には、手術支援ロボットda Vinciの旧型が3台、最新機種のXiが一台あります。最新機種はカメラが細くて、手術アームが自在に動くため、カメラ用のポート以外からもカメラが挿入でき、術野や患者さんの体位の自由度が増すことで、旧型と大きな違いがあります。

今まで旧型で手術をしてきましたが、今週、助手の先生が、「Xiが空いているから、使ってみましょうよー!」と言うので初めて使ってみました。Intuitiveからも担当者が来てくれたので、安心でした。

中央にある、肝心の本体のアーム部分が不潔にならないように布で覆われていて見えませんが、私は、左手にあるコンソールに座って手術をします。この大きさの手術室が新病院ではスタンダードな広さで、60平米ほどあります。広いです。一番大きな部屋は120平米もあります。

大お家騒動の末、執刀を始めた膀胱全摘ですが、既に30例以上を執刀しました。大きな合併症は一例。ステロイドを使っていた患者さんが、イレウスになり、小腸吻合不全となりました。これは私の技術が悪いと言うより、不運だった症例でした。指導者なしで手術をしてきた厳しい状況では上出来とかなあと思います。自分なりに手術法も改良して、これからも現状に甘んじることなく、少しでも良い手術ができるように努力したいと思っています。

花爛漫

もう5月も終わり。本格的なスウェーデンの春は5月にやってきます。長い冬が終わるのを待ち切れなかった花が爆発するように一斉に開きます。

サマーハウスの庭の花たちも花開き始めました。

どうしても庭に欲しくて一昨年植えた枝垂れ桜。今年は沢山の花を開いてくれました。

桜は、もともと敷地にあった5メートル以上はありそうな巨大な山桜が3本、八重桜、甘い実のなる桜と6本あります。

庭には4種類のリンゴの木を植えました。今年は初めて全てのリンゴの木が花をつけました。

梨の木は2本植えました。こちらも、今年は両方、花をつけました。

プラムは、紫色の実をつけるプラムに、昨年、日本の梅の代わりになる黄緑色のプラムを植えました。アプリコットは何回か植えて全敗しているので(おそらく、寒すぎるのでしょう。)、ミラベルを植えてみたら、こちらは生き残って花を開きました。去年は、珍しいホワイトカラントの苗を見つけたので植えましたが、しっかり花をつけました。食いしん坊な私は実のなるものばかり植えていますが、今度は綺麗な花をつけるものを植えたいと思っています。

週の真ん中の休日の今日、日帰りで行ってきました。やはり、田舎は空気も美味しいし、静寂がある。それだけで日常の生活から解放されます。スウェーデンではサマーハウスを持つのは普通のことなのだけれど、日本人としてはやはり、贅沢だなあと思います。

Ice Hotelへ

今年のイースターのお休みの時のこと。

特に長い休暇は取っていなかったのですが、数日休みがあったため、急遽、妹家族とIce Hotelへ行くことにしました。日本人には人気の観光地?です。

私自身は、20年ほど前に一度訪れ、しかも、零下の部屋の氷のベッドで(毛皮の上)寝た経験があります。以後、規模が拡大しているということを聞いており、楽しみにしていました。往路は空路。ストックホルムからキルナへ。キルナ空港からタクシーでユッカスヤルビ。

以前は、毎年建設される屋外のホテルだけだったのに、通年のアイスホテルができていました。大きな冷凍庫のような建物の中にアイスバーや客室が20室以上作られています。それはそれは美しい。でも、宿泊するのは遠慮したいかも。今回は、敷地内にあるコテージに宿泊し、氷の部屋は見学するだけに。

毎年建設される屋外のアイスホテルは、裏の川から切り出した氷で作られます。チャペルは屋外で、この時期は、既に屋外のホテルは使用が中止になっていました。気温も高いため、溶け始めていました。

川から切り出した氷。

スウェーデンの自然は大きい!

妹と甥は犬ゾリに乗り。

帰路は、夜行電車。夫以外は6人用の個室。3段ベッドが2つ。

楽しく始まった汽車の旅ですが、娘が乗り物酔い?となり、一晩中嘔吐したのを看病し、私はヘトヘト。その後、恐らくロタウイルス感染に罹患し、私はこの歳にして白色便。家族全員胃腸炎になりましたとさ。

立ちション禁止

毎朝、小学校まで子供達を送ってゆきます(といっても、家の目の前が学校ですが)。

学校のトイレをチェック。




「おしっこは座ってしてください。」

こんな張り紙、見たことありません。しかも、ここは男女平等のスウェーデン。これって逆差別?でも、男性が立ちションして、お掃除が大変なのはどこも同じなんでしょうね。ちょっと笑えました。

スポーツウイーク

スウェーデンには、スポーツウイークといって、学校が1週間お休みの期間があります。今年はストックホルムでは第9週。去年は保育園児だったため、スポーツウイークもあまり関係がなかったのですが、今年からは小学生。学校はお休みですが、学童?のようなシステムで、小学校6年生までは預かってくれるシステムはあります。

しかし、妹もスウェーデンにいる折角のチャンスなので、ちょっと出かけてきました。

行き先はこちら。

イタリアとアフリカ大陸の間の地中海に浮かぶ島国、マルタ共和国!格安のライアンエアーで3時間半程度。

暖かい気候を期待して行ったのですが、着いた日はマルタでは歴史的な嵐。気温は4度。夜はホテルのイタリアンレストランで。カラマリとマルタ産ワイン。美味しかったー!

島の一部では浸水もし、強風のため魚が道路に打ち上げられるため、人々がその魚を取りに集まったとか。

驚いたのは、意外にバリアフリーだということ。路線バスには床から引き出せるスロープが付いています。

地中海気候のせいか、車椅子のサインも動きがあってお茶目。

標識の真似をする、お茶目な親子。

ホテルからの絶景。屋外プール。もっと暖かければ泳げるのにー。

全く知らない子供たちと混ざって海辺で遊ぶ子供たち。息子は片言の英語で話してます。いつの間に学んだのか。恐るべし。

バスに乗って、ショッピングセンターにも行ってみました。

そうしたら、BitcoinのATMがあって驚きました。

この日のレートは、1Bitcoinが3618ユーロ。1年少し前には200万円まで高騰したのに、安くなったものです。しかし、海外送金など仮想通貨のメリットは大きいので、今後仮想通貨がどうなるのか注目していたこともあり、すでにマルタにはATMまであるtたのは強烈でした。

最終日に行ったマルタ水族館は意外に良かった。マルタって、マグロの養殖で有名だとは認識していませんでした。

イギリス領だったマルタ。英語が使えて、食事は、イタリアンと中東が混ざっていて、シーフードが美味しくて、良いところでした。物価もスウェーデンの3分の2くらい。もう少し暖かいときに、再訪してみたいです。

日本国民よ目を覚ませ

有料会員記事だが、読めるところまでこちらを是非読んでいただきたい。

河野外相が、サウジアラビアを公式訪問した。

(外務省HP)

2018年10月にサウジアラビア国籍のジャーナリストがトルコのサウジアラビア大使館でバラバラ殺人の餌食になったニュースはサウジアラビアの悪行をさらに世界に知らしめ、震撼とさせた。サウジアラビアは否定し続けるが、トルコは大使館内の録音を含め十分な証拠を握っており、サウジアラビアの皇太子の命令で彼が殺されたことは主観、客観的にみて明らかである。この事件を契機に、スウェーデンを始め、ヨーロッパ諸国はサウジアラビアと距離を取ったり、制裁を加えたりしている。スウェーデンはサウジアラビアへの武器の輸出を減らしたし、ドイツに至っては武器の輸出を中止した。

しかしながら、アメリカはトランプ大統領が、サウジアラビアの王室と蜜月にあることから、強硬な姿勢に出ないために、全体としてサウジアラビアの痛手が大きくなっていないし、依然として皇太子は権力者として君臨している。

サウジアラビアは、イスラム教の国の中でも最も悪名が高い。その原因の一つとして、女性の人権が全く認められていないことがある。未成年の女性は父親、あるいは兄弟が全てをコントロールし、多くは児童婚を含め、男性の決めた結婚相手と強制的に結婚させられる。女性が反抗すれば、石投げの刑を始め、父親や(ときには母親や兄弟により)殺されることもある。最近でも、サウジアラビアからタイへ逃亡した18歳の女性が、本国へ戻れば家族に殺される、と訴え、すんでのところで第三国に亡命できたというニュースが報道された。数年前のニュースであるが、サウジアラビアのIKEAが、カタログから全ての女性を消したことが有名になった。

我が国日本の態度はどうか?日本は原油の40%をサウジアラビアから輸入している。ヨーロッパ各国がサウジアラビアと距離を置く中で、外相が笑顔で皇太子と歓談。もし、これがスウェーデンの高官だったら、国民からとんでもないブーイングを受けるだろう。日本国民は無知すぎるため、あるいは、日本の報道が偏向しているため、外相のサウジ外遊に関して感想を持つこともない。あまりにお粗末だ。

冒頭の朝日新聞の記事にある動画もご覧いただきたい。外相がユニチャームの工場を訪れる。

「サウジでは、女性は家族以外の男性の目に触れないよう、全身を覆うマントのような民族衣装「アバヤ」を着るべきだとされている。」「サウジでは、イスラム教の影響や現地の慣習で、女性は家族以外の男性と公共の場で同席したり会話したりすることはタブーだった。長年、法律で職場での男女の接触は禁止され、女性の仕事や活動は制約されてきた。」

と記事にある。民族衣装とは良く言ったものだ。要は、女性を男性の所有物とする衣装のことだ。ヒジャブやニカブなどの衣装を許容している女性たちは、「宗教」、「文化」を盾にとり、決まって自己弁護をしようとする。それらを全て否定するつもりはないが、「女性蔑視の象徴」であることも事実である。サウジアラビアに都合の悪いことには触れず、アメリカに習って原油国に愁眉を送る日本政府や政府の顔色を伺う日本のマスコミには幻滅する。

女性蔑視だけでなく、イスラム教というのは他の宗教に比べ残酷な宗教だと感じている。ハンムラビ法典に始まった、「目には目を」という同害報復をコーランは認めており、数年前には、4歳の子供を失明させた犯人の目を失明させる刑がイランで行われたニュースは有名であった。イスラム教に基づいた法律をシャリア法というが、つい先日、ブルネイで、シャリア法に基づく新しい法律が制定され、同性愛者同士の性交は死刑(旅行者も同様)、姦通罪を犯した者は、死ぬまで石を投げつける石打ちの刑などが施行されることになった。

個人的には、クリトリスを切除された女性がその合併症で受診することに遭遇したことがあるが、悲惨極まりない。長くなるので別の機会に譲るが、それを行う者が、同じ女性であることにも驚きを覚える。これも別の機会とするが、家族の決定に背いたり、非ムスリム者と結婚しようとする娘やその相手が、父親、兄弟、ときには母親により殺害されることが珍しくないスウェーデンに住んでいると、日本では知り得ない世界の恐ろしさを体感する。日本に住む日本人にも、こういったことを知ってほしいと切望するし、今回の外相のサウジ訪問に、ただただ驚き、悲しみを覚えた次第である。

ストックホルムにも春到来

通勤途中の路傍の花。

長い冬の後、一番に開く花。

スウェーデンにおける移民の母国語教育

スウェーデンでは、移民、あるいは、移民の子弟に対して、無料で母国語教育を行っています。子供達の小学校は大規模校であるため、数多くの種類の母国語教育が行われています。母国語教育のスケジュールが学校に貼ってあったのでチェックしてみると、その数何と39ヶ国語。

Amhariska(アムハラ語)、Armeniska(アルメニア語)、Arabiska(アラビア語)、Bosniska(ボスニア語)、Danska(デンマーク語)、Engelska(英語)、Franska(フランス語)、Finska(フィンランド語)、Grekiska(ギリシャ語)、Hindi(ヒンデイー語)、Italienska(イタリア語)、Japanska(日本語)、Katalanska(カタルーニャ語)、Kinesiska(中国語)、Kurdiska(クルド語)、Litauiska(リトアニア語)、Makedonska(マケドニア語)、Mongoliska(モンゴル語)、Norska(ノルウエー語)、Nederländska(オランダ語)、Persiska(ペルシャ語)、Polska(ポーランド語)、Poltugisiska(ポルトガル語)、Rumänska(ルーマニア語)、Ryska(ロシア語)、Serbiska(セルビア語)、Kroatiska(クロアチア語)、Somaliska(ソマリア語)、Spanska(スペイン語)、Swahili(スワヒリ語)、Syriska(シリア語)、Teckenspråk(手話)、Tyska(ドイツ語)、Thailändska(タイ語)、Tigrinja(ティグリニャ語)、Tjeckiska(チェコ語)、Turkiska(トルコ語)、Ungerska(ハンガリー語)、Urdu(ウルドゥー語)。

アラビア語や英語などは、生徒の人数が多いため、複数のクラスに別れていますが、それぞれ1週間に1時間の授業があります。以前にも書きましたが、ママが話せない子供がいるので、手話も母国語教育の一環としてあります。

母国語教育にこれだけのリソースがつぎ込まれているスウェーデン。賛否両論は別として、凄いという一言に尽きます。