Visits

Online: 1
Today: 560
Week: 560
Overall: 2930274

Flag counter

free counters

ソフィア妃誕生が難渋した訳

今日、マデレーン妃が第二子である長男を出産しました。カロリンスカではなく、ダンデリード病院だったようです。土曜日の結婚式に出席した2日後、何というグッドタイミングでしょう!母子ともに元気とのことで、とても嬉しいニュースでした。

 

この記事は、お待たせ、ソフィア妃のお話。

「ソフィア妃はトップレスのモデルをしていた。」

と意地の悪いジャーナリストは書いていますが、このヘビで胸を隠している写真は有名です。

royalista4

ヘソピアスも。

prinz-carl-philip-freundin-sofia-hellqvist-39928

royalista2右脇の大きなタトウ〜。

03-Prince Carl Philip and Sofia Hellkvist rest in Saint-Tropezこれは蝶のモチーフです。

secondColumn_5

そして、「光」という漢字の入った背中のタトウ〜(余談ですが、スウェーデンでは、このようにブラが見えていても全く気にしません。)。

sofia_tatska_050112PP_503_vi

Hovet(宮内庁のようなもの)や、国王、王妃は、ソフィアとの結婚に反対だと報道されていました。また、結婚の前に、複数あったタトウ〜の一部を外科手術で除去したという報道もありました。

 

こちらは、初めて公式の場に二人で登場した際の写真。2014年のノーベル賞晩餐会です。

645@70 (1)

このときのドレスでは、背中のちょうどタトウ〜にあたる部分にデザインが施され、タトウ〜がどうなっているのかはわかりませんでした。しかし、ノーベル賞の晩餐会では、所謂、ホスト側の立場にあるので、タトウ〜があったとしたら、何とも素敵な心遣いであったと思っていました。

645@70

今回の結婚式では、背中が少し下がったデザインのドレスだったため、タトウ〜の行方が注目されました。

 

結婚式のテレビ中継では、ウエデイングベールに隠れて中々見えませんでした。撮影してはいけない申し合わせなどあるのかと思いながら見ていると、タトウ〜発見!健在でした。私の感覚では、とても美しくエレガントな彼女の花嫁姿の魅力が半減してしまい、とても残念に思いました。

weddingtatoo

婚約に至るまでに散々批判されたタトウ〜。パーテイーでの王子のスピーチによると、この二人は何度も別離を試みたのだそうです。いかに開かれたスウェーデン王室といえども、タトウ〜入りのトップレスモデルに対するハードルはなかなか低くはならなかったのでしょう。ビクトリア皇太子の結婚の際は、ダニエルが庶民だったことや、高校の成績が低いこと、(おそらく遺伝性の)腎疾患による腎不全のため、父親から生体腎移植を受ける予定だったことなどで、これもあっさりとはいきませんでしたが、両者ともに粘り勝ちといったところでしょうか。日本の皇室なら、無理なのではないかしら。

ヨーロッパの王室は日本の皇室にくらべて、とてもおおらかです。ノルウェーのメッテ・マリー妃は、以前にも記載したことがありますが、シングルマザーで、薬物使用の経験者でした。スペイン王妃のレティシア妃は、バツイチでした。

しかし、スウェーデンでも、若者を中心にタトウ〜の人気は高いようですが、やはり、学歴や職業などで区分される特定のグループで多くタトウ〜を入れている傾向は否めません。例えば、周りの医師をみてみると、タトウ〜を入れている人はほとんどいません。

ソフィア妃がタトウ〜や、トップレスモデルの経歴については、「私の過去は過去」とか、「過去を後悔しない」とか美談に仕立てられているのも耳にしますが、そう表現できるのは、彼女が結婚へこぎつけることができたからこそです。「過去」が理由で結婚に反対され、別離を決意しなければならなかったときには、その「過去」を呪ったに違いありません。また、タトウ〜の一部の消去手術をしたり、ノーベル賞の晩餐会では隠してみたり、今回のウエデイングドレスを選び、批判もあることを承知で敢えてタトウ〜を披露したりするなど、それぞれに意図があることは間違いないでしょう。

 

 

 

4 comments to ソフィア妃誕生が難渋した訳

  • Nao

    私も今日、マデレーン妃ご出産のニュースを耳にして、なんてタイミング!と思っていたところでした。カール・フリップさんの結婚式でも、はち切れそうなお腹を抱えていらっしゃいましたものね。離婚歴、薬物使用、タトゥー、ヌードモデル…時代は変わりました。でも日本では絶対に認められませんね。たしかに花嫁姿の時にこそ、タトゥーは隠すべきだったと思うのですがね…

    • Naoさん。スウェーデンは開けているというより、日本が閉鎖的なのかもしれませんが、ウエデイングにタトウ〜は興ざめだと個人的には思います。

  • Yuka

    文中「タトゥ~」になっていて、頭の中で読むときに変なイントネーションをつけて読み、朝からニヤリをいただきました。
    朝から元気をいただきました。
    ありがとうございます。
    テーマに関する個人的な意見は、過去に悔いがなく、堂々としていたからこそ結婚に漕ぎ付くことができたのではないかと思います。
    女性の「不味い」過去はメディアに取り上げられがちですが、それでも堂々としている姿は(一部?の)一般庶民(レベル以下?)にも勇気を与えたことと存じます!たくさん(いわゆる)失敗して生きている人がいると思うので、いちいち罪悪感を感じさせる社会ではなくなってきている証拠だと思います。

    • Yukaさん。コメントありがとうございます。
      確かに、自分の過去についても堂々としていられることは、素晴らしいですね。なかなか凡人には難しいことではありますが、こそこそしても過去を変えられる訳ではないので、それを糧にしたいですね。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>