Visits

Online: 1
Today: 553
Week: 2033
Overall: 3618284

Flag counter

free counters

2011年12月(3年前の話のつづき)

先日、3年前の12月8日に、2つの胚盤胞を移植したことを書きました。

それまで、日本やスエウェーデンを含め、ヨーロッパ周辺各国で最低20回はIVFを試みてきました。採卵するたびに凍結可能な胚盤胞が得られていたため、諦め切れずにズルズルと治療を続けていました。IVF経験者の中には、諦めた途端に自然妊娠した、という話も良く聞きますが、私たちの場合、夫が脊髄損傷患者ということで、IVFを諦めて自然妊娠に期待するという可能性はあり得ません。ですから、いつか諦めなければならないとは理解していながら、その決断をすることが怖くて仕方がありませんでした。子供を諦めることより、そのような大きな決断をする勇気がなかったと言えるかもしれません。

3年前の治療にあたっては、夫と同じ日に受傷したメンターのClaesは勿論のこと、彼の学位の指導者だったPeter Sjöblom博士の助けがありました。彼については別稿で述べるとして、この時の治療は、先日も記載したように、世界に誇れる卵子凍結技術を持つ加藤レデイースクリニックの技術を取り入れた、ロシアのクリニックでした。ストックホルムからも比較的近く、望めば日帰りも可能、また、すでにIVFに掛けた費用が8桁に達していた私たちにとって、スウェーデンや日本に比べて安めの価格が魅力的でした。ロシア語も出来なかった私にとって、当時そのクリニックに勤務していた知人の女医さんを頼ることができたのも幸運でした。

Exif_JPEG_PICTURE(写真は前回治療時、9月のもの)

新鮮胚を移植した前回の治療で発見した、お気に入りのレストランがクリニックの近所にあり、そこでタコのサラダやピザなど、お気に入りのメニューでお昼を済ませてから、移植に臨みました。

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

手術室のライトは赤と緑のクリスマスカラーになっていました。移植だけですので、あっという間にすみました。頭の中で、どこか現実のものとは思えないような感覚が交錯して、同時に、「どの道、成功することはないのだろうな〜。」とボーッと考えていました。ひとつだけ嬉しい驚きだったのは、子宮内膜が12 mmと過去最高だったことでした。

 

1時間くらいベッドの上で休んでから、ホテルへの道の途中にあるレストランで、好きなロシア料理を食べました。

イクラとパンケーキにスメタナ!ゴールデンコンビ!

Exif_JPEG_PICTURE

言わずもがなのボルシチ!

Exif_JPEG_PICTURE

デパートで、キャビアを眺めました。ロシアルーブルが値崩れしている今なら、もっとお買い得だったのかしら。

Exif_JPEG_PICTURE

 

また、ここに来ることがあるのかなあ。次はどこへ治療の旅をするのかなあ、などと思いながら、空路、帰途へ着きました。

 

 

こんな感じで、全く期待していなかった移植の旅でした。

帰国してからも同じように働き、子供もいないので特にクリスマスや年末年始もお休みを取る必要がなかったため、通常勤務が続きました。

ずっと治療してもらっていた漢方の中国人の先生は、私の脈を取って、「もしかするかもよ。」と言ってくれましたが、「妊娠なんてありえない」と思って(思うようにして)いた私。

そして、12月19日。移植11日目の採血。

hCG 558。同じ年の春に妊娠したときの倍近くありました。まさかね。胚は着床したらしいけれど、前回もそこから流産したし、きっと糠喜びになるに違いない、と思いました。

 

そして、年末12月27日。この日もまだ勤務。hCGは9200。順調に伸びています。大晦日には2組の友人夫妻が来てくれたので、私は一応ノンアルコールで乾杯。しかし、ノンアルコールのワインとかビールって、美味しくないのね。普通に深夜まで飲み食いして、片付けて床に着いたのは、元旦の朝の5時でした。

 

2014-12-26 20.14.34

 

 

 

 

5 comments to 2011年12月(3年前の話のつづき)

  • Michiko

    こんにちは。

    おいそがしいのだろうなぁ~と思いつつ、
    毎日、ブログが更新されているかどうかチェックしていました。

    私は、結婚したのが41歳で、
    不妊治療をする気力がなかったので、
    4回の流産で子供を産むことを諦めてしまいました。

    ですので、諦めずに続けられたお話しを聞くのが、
    とても楽しみですし、嬉しいです。

    「どうせまたダメだろう。」と先に思ってみたり、
    でも、今度こそは…と思ってみたり。
    私のそうだったなぁと思いながら読ませていただきました。

    ブログの続きを、楽しみにしています。

    • Michikoさん。コメント、ありがとうございます。

      4回も流産なさったのですね、、、。不妊治療は、長引けば長引くほど、泥沼に入っていきますね。
      今から考えると、治療を続けていたこと自体、正気ではなかったかもという気もします。精神的にも肉体的にも、特殊に過酷な状況に置かれ、これは、長く治療を経験した人間にしかわからないことだと思います。そして、私に理解できないことは、諦める決断をすることの辛さです。私はその辛さから逃げ回っていたから、、、。

      諦めたMichikoさんから、続きを楽しみにしているとおっしゃっていただいて、嬉しいと同時に、私が理解していない部分を想像しようとすると、胸が痛くてたまりません。

  • ガムラおばさん

    節分も終わりました。
    ご無沙汰しております。

    昨晩か、NHKでも、取り上げられてました。

    選択の幅が広がり、知っていればなあ、とも(笑)
    また、更新を楽しみにしております。

  • はじめまして。はじめてコメントします。
    夫がアメリカで医学研究をしていて(日本では臨床医でした)、私がスウェーデンのイエテボリにある世界文化博物館で着物ファッションショーを開いた時にスウェーデンの人たちとご一緒に仕事をしたことがありまして、drpionさんの記事を身近に感じて読んでおりました。
    不妊治療の話、興味深く読みました。国によっても違いますね。
    これからもブログの更新を楽しみにしています。

    • hiroさん。はじめまして!
      hiroさんも双子ちゃんのママでいらっしゃるのですね!推察するに、ほぼ拙宅の双子と同級生でしょうか?男の子二人は、パワーがありそうですね!
      素敵なお着物の写真、ため息がでます。洗える着物と着付けの本とビデオを持ってきたのですが、なかなかうまくいきません。着付けを独学するコツなんてないですよね。
      アメリカで研究者で生きてゆくのは大変なので、素晴らしいですね!私は、研究者一本でいくのは無理なので、臨床がメインで片手間にやっていますが、うーん、研究は厳しいです。臨床とは全く異なった厳しさです。

      不妊治療の話に興味をお持ちになったということは、hiroさんもご経験者でいらっしゃるのでしょうか。私は年齢的に無謀な治療でしたが、奇跡が起こりました。少しずつ出産までのことを記事にしたいと思います。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>