Visits

Online: 1
Today: 345
Week: 5755
Overall: 3521212

Flag counter

free counters

スポーツウイーク

スウェーデンには、スポーツウイークといって、学校が1週間お休みの期間があります。今年はストックホルムでは第9週。去年は保育園児だったため、スポーツウイークもあまり関係がなかったのですが、今年からは小学生。学校はお休みですが、学童?のようなシステムで、小学校6年生までは預かってくれるシステムはあります。

しかし、妹もスウェーデンにいる折角のチャンスなので、ちょっと出かけてきました。

行き先はこちら。

イタリアとアフリカ大陸の間の地中海に浮かぶ島国、マルタ共和国!格安のライアンエアーで3時間半程度。

暖かい気候を期待して行ったのですが、着いた日はマルタでは歴史的な嵐。気温は4度。夜はホテルのイタリアンレストランで。カラマリとマルタ産ワイン。美味しかったー!

島の一部では浸水もし、強風のため魚が道路に打ち上げられるため、人々がその魚を取りに集まったとか。

驚いたのは、意外にバリアフリーだということ。路線バスには床から引き出せるスロープが付いています。

地中海気候のせいか、車椅子のサインも動きがあってお茶目。

標識の真似をする、お茶目な親子。

ホテルからの絶景。屋外プール。もっと暖かければ泳げるのにー。

全く知らない子供たちと混ざって海辺で遊ぶ子供たち。息子は片言の英語で話してます。いつの間に学んだのか。恐るべし。

バスに乗って、ショッピングセンターにも行ってみました。

そうしたら、BitcoinのATMがあって驚きました。

この日のレートは、1Bitcoinが3618ユーロ。1年少し前には200万円まで高騰したのに、安くなったものです。しかし、海外送金など仮想通貨のメリットは大きいので、今後仮想通貨がどうなるのか注目していたこともあり、すでにマルタにはATMまであるtたのは強烈でした。

最終日に行ったマルタ水族館は意外に良かった。マルタって、マグロの養殖で有名だとは認識していませんでした。

イギリス領だったマルタ。英語が使えて、食事は、イタリアンと中東が混ざっていて、シーフードが美味しくて、良いところでした。物価もスウェーデンの3分の2くらい。もう少し暖かいときに、再訪してみたいです。

. . . → Read More: スポーツウイーク

日本国民よ目を覚ませ

有料会員記事だが、読めるところまでこちらを是非読んでいただきたい。

河野外相が、サウジアラビアを公式訪問した。

(外務省HP)

2018年10月にサウジアラビア国籍のジャーナリストがトルコのサウジアラビア大使館でバラバラ殺人の餌食になったニュースはサウジアラビアの悪行をさらに世界に知らしめ、震撼とさせた。サウジアラビアは否定し続けるが、トルコは大使館内の録音を含め十分な証拠を握っており、サウジアラビアの皇太子の命令で彼が殺されたことは主観、客観的にみて明らかである。この事件を契機に、スウェーデンを始め、ヨーロッパ諸国はサウジアラビアと距離を取ったり、制裁を加えたりしている。スウェーデンはサウジアラビアへの武器の輸出を減らしたし、ドイツに至っては武器の輸出を中止した。

しかしながら、アメリカはトランプ大統領が、サウジアラビアの王室と蜜月にあることから、強硬な姿勢に出ないために、全体としてサウジアラビアの痛手が大きくなっていないし、依然として皇太子は権力者として君臨している。

サウジアラビアは、イスラム教の国の中でも最も悪名が高い。その原因の一つとして、女性の人権が全く認められていないことがある。未成年の女性は父親、あるいは兄弟が全てをコントロールし、多くは児童婚を含め、男性の決めた結婚相手と強制的に結婚させられる。女性が反抗すれば、石投げの刑を始め、父親や(ときには母親や兄弟により)殺されることもある。最近でも、サウジアラビアからタイへ逃亡した18歳の女性が、本国へ戻れば家族に殺される、と訴え、すんでのところで第三国に亡命できたというニュースが報道された。数年前のニュースであるが、サウジアラビアのIKEAが、カタログから全ての女性を消したことが有名になった。

我が国日本の態度はどうか?日本は原油の40%をサウジアラビアから輸入している。ヨーロッパ各国がサウジアラビアと距離を置く中で、外相が笑顔で皇太子と歓談。もし、これがスウェーデンの高官だったら、国民からとんでもないブーイングを受けるだろう。日本国民は無知すぎるため、あるいは、日本の報道が偏向しているため、外相のサウジ外遊に関して感想を持つこともない。あまりにお粗末だ。

冒頭の朝日新聞の記事にある動画もご覧いただきたい。外相がユニチャームの工場を訪れる。

「サウジでは、女性は家族以外の男性の目に触れないよう、全身を覆うマントのような民族衣装「アバヤ」を着るべきだとされている。」「サウジでは、イスラム教の影響や現地の慣習で、女性は家族以外の男性と公共の場で同席したり会話したりすることはタブーだった。長年、法律で職場での男女の接触は禁止され、女性の仕事や活動は制約されてきた。」

と記事にある。民族衣装とは良く言ったものだ。要は、女性を男性の所有物とする衣装のことだ。ヒジャブやニカブなどの衣装を許容している女性たちは、「宗教」、「文化」を盾にとり、決まって自己弁護をしようとする。それらを全て否定するつもりはないが、「女性蔑視の象徴」であることも事実である。サウジアラビアに都合の悪いことには触れず、アメリカに習って原油国に愁眉を送る日本政府や政府の顔色を伺う日本のマスコミには幻滅する。

女性蔑視だけでなく、イスラム教というのは他の宗教に比べ残酷な宗教だと感じている。ハンムラビ法典に始まった、「目には目を」という同害報復をコーランは認めており、数年前には、4歳の子供を失明させた犯人の目を失明させる刑がイランで行われたニュースは有名であった。イスラム教に基づいた法律をシャリア法というが、つい先日、ブルネイで、シャリア法に基づく新しい法律が制定され、同性愛者同士の性交は死刑(旅行者も同様)、姦通罪を犯した者は、死ぬまで石を投げつける石打ちの刑などが施行されることになった。

個人的には、クリトリスを切除された女性がその合併症で受診することに遭遇したことがあるが、悲惨極まりない。長くなるので別の機会に譲るが、それを行う者が、同じ女性であることにも驚きを覚える。これも別の機会とするが、家族の決定に背いたり、非ムスリム者と結婚しようとする娘やその相手が、父親、兄弟、ときには母親により殺害されることが珍しくないスウェーデンに住んでいると、日本では知り得ない世界の恐ろしさを体感する。日本に住む日本人にも、こういったことを知ってほしいと切望するし、今回の外相のサウジ訪問に、ただただ驚き、悲しみを覚えた次第である。

. . . → Read More: 日本国民よ目を覚ませ