Visits

Online: 1
Today: 989
Week: 989
Overall: 3456959

Flag counter

free counters

不妊治療の旅 壱

私にとっての不妊治療は、全て顕微授精。最初の治療は2008年3月。2007年4月にスウェーデンへ移住。スウェーデン語を始め、2007年8月にSASBに合格し、9月から6ヶ月の臨床研修を始め、その研修が終わろうとしていたときでした。もともと子供を欲しいと積極的に思ったことのなかった私ですが、当時妹が子供三人を連れてスウェーデンに留学したことで、母性本能に火がついてしまったのです。スウェーデンでは、38歳までであれば3回のIVFを無料で受けることができますが、私は既にその年齢を軽く越していたため、ストックホルム市内の私立病院にお世話になりました。何回か試みれば妊娠するのではないかと軽く考えていた私でしたが、それは大きな間違いでした。

その病院では、ホルモン注射をかなり使って卵巣を刺激し、1回目は10個近く、2回目は20個近く採卵をしました。2回目はOvarian hyperstimulation syndrome (OHSS) になってしまい、かなり腹水が貯留して呼吸困難となり、死ぬかと思いました。胚盤胞まで培養することもなく、生理が来たときには、「残念。でも私たちはベストを尽くしたのよ。」という超スウェーデン的な言葉を投げかけられ、信頼も希望も失うことになります。職場では自分の使えないスウェーデン語に苦しみながら、仕事の間隙を縫って検査や治療に通いました。OHSSになっても、重い体を引きずりながら、手術室へ向かいました。これまでずっとそうでしたが、治療で何が一番辛いかというと、辛い検査や採卵などではありません。治療の過程にいるときは、希望があり、辛くても辛いと感じないものです。本当に辛いのは、出血が始まったとき。妊娠初期は出血もありうるということで、出血しながら膣剤を使うときの無力感。妊娠検査薬で、あらゆる方向から見て、「もしかして線が見えるかも?」と言ってみるときの虚しさといったら、、、。

そんな中で、何とか医師免許を取得し、職も得ることができましたが、治療の旅は続きました。スウェーデンで治療することを諦めた私は、日本での治療を考え始めました。いくつか候補のうち、ある不妊治療専門のクリニックのホームページで、母校の先輩の名前を見つけ、すがる思いでメールを出しました。それ以降その先輩に、非常に親身になって面倒をみていただきました。今日があるのは、この先輩のおかげであるといっても過言ではありません。そのクリニックは、世界で最も多く採卵を行っていて、高齢者の治療経験も非常に豊富でした。先輩のおかげで、遠隔治療と遠隔検査をした上で、数日の日本滞在で治療を行うということを、何回もしました。幸い、毎回採卵に成功した上、受精も胚盤胞凍結も可能で、希望が湧いてきましたが、hcg値が多少上昇するものの、妊娠には至らないという経過が繰り返されました。短期間の帰国では無理があるのかと考え、数ヶ月無給で休暇を取り、帰国したこともありました。この期間には、数回ドミノ移植も試みました。失敗を重ねるうちに、子供が生まれるということは、一つ一つのステップがまさに奇跡なのだということを、身をもって感じるようになりました。そして、あらゆることにおいて、「見聞きする」ことと、「実際に経験する」ということの間には、天と地ほどの認識の違いがあるのだということを学びました。それは、医師としての私の生き方にも、人間としての生き方にも影響を及ぼしました。「思いやり」とは、決して過ぎることはないのだと。そして、自分が経験していないことについて、軽々しく語るべきではないことを。私の人生にとって、辛い経験ではありましたが、非常に意味のある貴重な経験となり、人間として成熟できたのではないかと思っています。

治療のために日本とスウェーデンを往復するためには、生理周期の調節だけでなく、仕事のスケジュールの調節など、様々な苦労が伴いますが、成果が出ない期間が長くなるにつれ、日帰りも可能な地域での治療を考え始めました。

6 comments to 不妊治療の旅 壱

  • これから

    42歳でIVF失敗経験ありでストックホルムに引越しました。
    差し支えなければ病院名を教えてください!

    • これからさん。

      私の場合、友人の医師を頼り、クリニックを選びました。残念ながら、彼女は転勤してしまったので、あまりお役に立てないと思います。ごめんなさい。
      因みに、スウェーデンで2回、EU内の2カ国で4回、日本で10回以上は治療をしました。これからさんにも良い出会いがあり、天使がやってくることを心から願っております。

  • これから

    drpionさん 優しいお言葉ありがとうございます。
    アメリカでIVF 4回失敗。でもまだまだですね。
    ストックホルムのivf病院に電話したり、直接お願いに行っても断られめげていました。

    受け入れてくださる病院探しから挫けず頑張ります。
    サイト楽しみにしています。勇気をいただきありがとうございます。

    • これからさん。

      私が今まで通ってきた道、気持ちを振り返ってみると、子供を授かった今でさえ心が痛みます。

      アラフォーで始めた不妊治療、授かったときにはアラフィフ。まさに、崖っぷちでした。

      辛いときには、プロフィール欄のアドレスにメールをいただければ、ほんの少しでも助けになれるかもしれません、、、。

  • piggy

    始めまして。
    ストックホルムにて始めてのIVFにチャレンジします。あと数日で採卵予定です。その前はこれからさんと同じで、アメリカでIUIを5回トライしましたが駄目でした。
    他にも頑張られている方がいると勇気が沸きます!
    お互い頑張りましょう。

    • piggyさん。はじめまして!

      もう、採卵なさったことと思います。うまくいくことを心からお祈りしています!!!

      こんなストックホルムの地でも、不妊に悩む日本人女性が複数いらっしゃるのだなと思いました。

      皆様に、可愛い天使が舞い降りてきますように、、、。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>