Visits

Online: 1
Today: 511
Week: 5092
Overall: 3586583

Flag counter

free counters

「王様になりたくなかったスウェーデンの王様」

”Carl XVI Gustaf – Den motvillige monarken” 「カール16世グスタフ、王様になりたくなかった王様」

という名の暴露本が明日発売されます。

著者は、Thomas Sjöbergを含め複数。何年がかりで複数の独立した証人からの証言などをもとにしたものだとのこと。

含まれるエピソードの中には、「1996年のアトランタオリンピックの際にストリップクラブを訪れた。」、「全裸パーテイーに出席した。」、果てには、「王様の浮気の事実」まであるようです。イギリスと異なって、スウェーデンでは、王室に対するゴシップはつつましやかだという印象でしたが、この内容は凄そうです。

日本では、皇室のゴシップはご法度というような不文律があるように思います。2006年に出版された、オーストラリアのジャーナリストによる皇室についての所謂、暴露本ともいえる、「プリンセス・マサコ 」の邦訳本が、講談社から出版される予定だったところが中止。他出版社から後日、「完訳」が出版された際、大手新聞社などが広告不掲載の処置を取りましたが、その経緯をつづった「『プリンセス・マサコ』の真実」の著者、野田峯雄氏は、「宮内庁や外務省の圧力」が広告不掲載の背後にあった」としました。

私は原本だけ以前読んだことがありますが、雅子さまが宮内庁の犠牲者だということだけではなく、雅子さまのハーバードの成績や、雅子さまの不倫相手(!?)の話まで出てきて、非常に驚いた記憶があります。しかし、それ以上にショックだったのは、この現代社会でも陰で圧力を掛けて出版禁止にすることがあるのだということでした。

スウェーデンでは、昨日、暴露本の著者の一人が、(本の出版がきっかけで)勤務先のラジオ局を首になったというニュースが流れ、議論を呼んでいます。

国王は現在、狩猟に出掛けており、明日、「狩猟」に関する記者会見が予定されていますが、この場で暴露本に関する質問が出るとも、国王がコメントするともされています(記事)。

イギリスでは故ダイアナ妃に関する暴露本がどれだけ出ているのか、私は知りませんが、イギリスのメデイアはちょっと行き過ぎかなと思います。スウェーデン国王に関する暴露本1冊くらい、たいしたことはないのかもしれません。チャンスがあったら読んでみるつもりですが、明日の記者会見に好奇心です。

しかし、「王様になりたくなかった王様」なんて、タイトルからして挑戦的ですね。

カロリンスカ大学新病院起工式にビクトリア王女が参列

ヨーロッパでも有数の病院であるカロリンスカ大学病院の建物は古く、改築を繰り返しながら今日を迎えています。

2015年の竣工を目処に、新病院の建設が計画され、現在、建設地に存在する古い建物の取り壊しがほぼ終了した段階です。

建設は、大手の建設会社、SKANSKAが受注しました。もっとも、この受注劇はかなりうさんくさかったようですが。

建築計画はこんな感じ。オレンジ色の部分が新病院とその北側に計画されている研究棟。病院の南にはホテルも建設されます。現在E4という高速道路が病院の南を走っていますが、これは地下を通るようになります。

新病院の模型。新病院では、全ての病室がトイレ付きの個室となるようです。

今日はその起工式。午前中から、病院の庭の仮設テントで、「Tårtkals(ケーキパーテイー)」と称して、ケーキとコーヒーが振舞われました。私が行ったときには、既にケーキは食べつくされたあと。

その後、14時半から、新病院予定地の前で起工式(Första spadtaget)です。この式に、ビクトリア皇太子がいらっしゃるというので、王室ウオッチャーとしては、のこのこと出掛けていきました。

会場では、音楽の演奏も。ビクトリア王女おめあての人達が沢山集まってきました。報道陣のカメラも沢山。

定刻よりも少し前に、ビクトリア王女が到着。

現首相の妻で、政治家でもある、フィリッパ・ラインフェルトも登場し、ビクトリアと歓談。

VIP用のテント。

おっと、こちらへカメラ目線。斜め後ろの女性はカロリンスカの学長のハリエット。現在渦中の人。

病院敷地内の保育園の子供たちも。

報道陣も。

政治家やSKANSKAの社長、カロリンスカ学長などのスピーチのあと、ビクトリアのスピーチ。ゆっくりと、はっきりした発音のスピーチでした。

「スウェーデンの誇りとする大学病院」と表現していました。

ビクトリアの左手にあるのが、爆発物に着火するためのレバーです。

これを引くのがビクトリアの役目。

もの凄い爆音と共に、建設予定地でオレンジ色の爆風が上がりました。

(カロリンスカホームページより)

大成功!

それから、壇上で、シャンパンによる乾杯があり、セレモニーは終了。

子供がビクトリアに花束を渡しに行きました。とても可愛らしい。

ビクトリアの右手に注目!「よしっ!」と気合いを込めて。こんな仕草が彼女らしくてチャーミングで好きです。

結構、きれいに写真が撮れました。

最後は、子供たちと。

子供たちにとって良い思い出となることでしょう。

皇太子ビクトリア王女の新婚旅行は収賄ではないという決定:Bröllopsresan var ingen muta

先日、6月に結婚したビクトリア王女の新婚旅行が収賄罪に当たるのではないかというニュースについて記事にしました(記事はこちら)。

王家の友人でEF Edcationの社長である、Bertil Hultsが、新婚旅行のコストの一部である、1億円近くになるとも言われるコストを負担したというもの。


(Aftonbladet 100820)

結局、皇太子や王家は法律のシステムに含まれないため、収賄罪という罪に問われることがないという判断で、調査自体行われないという決定が下されたということです。記事はこちら

明らかに収賄を目的としていたとしても、罪に問われないということはおかしなことだと、記事には書かれていましたが全く同感です。

いずれにしても、王室の人気への悪影響は否めず、思慮のない行動だったと思われます。